ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ

TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.10.23.

ホームページ制作の環境をwindowsからmacに代えて半年の感想

20150709-1
TREVOでディレクションを担当している板浪です。
制作環境をmacbookproに変更して半年が経ったので、良かった事や悪かった事等をまとめてみたいと思います。

私の持っているmacbookと変更理由

20150306

macobookproは3から4年前に購入した、15インチのcorei7のメモリ8GB、液晶パネルを高解像度非光沢ディスプレイにカスタマイズした機種を使用しています。
これまでは、サブ機として利用していたのですが、外出する事も多く、メイン機種を持ち運びできればと思い、macbookproをメイン機にする事にしました。
あとは、長年windows機を利用してきたので、気分転換も兼ねてmacを使いたいと思ったので、変更してみました。

それまでは、windows8のデスクトップ機、こちらもcorei7の16gbのメモリでした。
スペック上特に不満もなく使用しており、現在はこちらがサブ機として利用しています。

 

良かった点

2015030602

新しいOSなので新鮮な気持ちで仕事ができるのが良いですね。
社内では、bluetoothキーボードと無線マウスに、外部モニタ2台の3画面体制で作業しています。
画面1はメイン作業、画面2はコーディング作業の縦置き、画面3はメール及びgooglemusicの画面を開いて作業をしています。
これまでデュアルモニタだったのが、画面が無駄に増えたのですが、快適に作業が出来る様になりました。

そして、大きなポイントとしては持ち運びが可能になった事です。
これまでは、13インチのmacbookproをお客様のところに持ってプレゼンなどを行っていたのですが、メイン機を持ち運べる様になったので主要なファイルや最新のファイルがPCの中にあるので、事例を取り出しやすくなりお客様へのプレゼンや説明がしやすくなったのが良いですね。

 

悪かった点

20150223001

ノートパソコンなので、スペックでどうしても非力なところがあります。
メモリを16GBにアップしたり、SSDに換装したりしたものの、グラフィック面でどうしても弱く、動画編集と書き出しには思いの外、時間がかかってしまうので困っています。
動画の書き出しは、デスクトップで行いたいのですが、adobeCCをインストールできる台数が2台までなので、macbookproと家での作業PCにインストールしている為、会社のデスクトップPCにはインストールしていないので、入れ直そうか考えています。

それと、コストパフォーマンス面でもwindowsのデスクトップ機の方が断然良いですね。
しかも、グラフィックボード等を交換すればスペックアップも出来るの点では、windwosのデスクトップの方が良いかもしれません。

動画編集等の重い作業に関しては、windowsのデスクトップで作業する予定です。

 

今後はどちらをメインとするか?

当分はmacbookproをメイン機として利用するつもりですが、いずれはwindowsに戻りそうな気がします。
どちらのOSもすることは同じなので、どちらでも良いかなと思います。
その時の気分で、macとwindowsを使っていきたいと思っているのですが、windows機だとパーツを取り替えてスペックアップが出来るので楽しいですね。
imacの場合、モニタもまとめて機種変更が必要なのでコスト面で考えると高すぎる気が正直します。
どちらにしても、新鮮な気持ちで気持ち良く仕事が出来る環境であれば、macでもwindowsでも同じだと思いました。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社