大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

ホームページ制作の脱Adobeへの道のりは遠い

2016.03.04.

デザイン

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

20150202
以前、ホームページ制作の脱Adobeを試みて「ホームページ制作環境で脱adobeは可能か?」という記事を書きました。
これまで、色々試してきましたが、結論は可能だが効率が悪いという結果になりした。

何が難しかったのか?

20140523

横との連携

社内でファイルサーバーを介してデザイン等のデーターを共有しているのですが、基本的にwindowsで制作しているとPhotoshopでのデザインが基本となる為、macで制作したsketch3等のファイルは共有出来ません。
社内全体をmacで統一すれば良いのですが、デザイナーによって使用するソフトが違う為、結局Adobeベースが連携が取りやすいという結果になりました。

他社との連携

弊社だけでしたら、上でも書いた様にmacでソフトを統一すれば良いだけなのですが、外部の協力会社や発注して頂いているお客様のほとんどがAdobeのソフトを使用している為、どうしてもAdobeのソフトを利用する事が多くなります。
なので、Adobeでの仕事もおのずと増えていきます。

豊富なソフト群とソフト間の連携

Adobe CCを利用していれば、photoshop、illustrator、premiere、aftereffects等のソフトが使用でき、素材等の編集もそれぞれのソフトで編集した内容が、そのまま別のソフトで反映されたりと、連携した制作が出来るので効率が上がるので凄く便利です。
価格分の価値はあり、結局Adobeのソフトを起動してしまいます。

 

最近Windowsで作業する様になった

これはどうしようもないのですが、macの様に代替えの制作ソフトが充実していないので、結局Adobe一色になってしまっています。

 

これから制作する人はAdobeは必須か?

制作会社にもよると思いますが、ほとんどの制作会社はAdobe社のソフトウェアを使用しているのではないでしょうか?
何処かの制作会社に入って仕事をしたいのであれば、Adobeのソフトを覚えておくと損はしないと思います。

個人でホームページを制作して勉強したい人は、以前紹介した「ホームページ制作環境で脱adobeは可能か?」のソフト等を使用して勉強するのも良いかと思います。
Adobe CCを利用するには年間6万円近い出費が必要となるので、まずはお試しで代替えとなるソフトで勉強する事をお勧めします。

 

まとめ

私は脱Adobeには失敗しました。
Dreamweaverはほとんど使用していませんが、photoshop、illustrator、premiere、aftereffectsは必須のソフトウェアです。
今後も、何かしら代替えとなるソフトウェアを探しては試してみるつもりですが、連携を考えると脱Adobeは難しそうです。

PR:株式会社TREVOのホームページ制作のポイント

ホームページ制作で成功する為の重要はポイントがあります。高い金額を支払ってホームページを制作する前に抑えておきたいポイントを知っておく事で完 成するホームページが違ってきます。
詳しくは弊社スタッフブログの「ホームページ制作 で成功するための重要なポイント」でも詳しく説明しています。

ホームページを制作する目的を考える

なぜホームページが必要だとおもいましたか?

名刺がわり、製品カタログ、実績の紹介、集客、告知などホームページといっても用途は様々です。 用途によっても必要なページ、デザイン、構成、予算は大きくかわってくるのでまずは目的を明確する事が重要です。 弊社スタッフが詳しくヒアリングを行い、方向性や必要なページ構成、機能等をご提案させていただきます。

ホームページを担当する方がホームページをどの様に活用したいのか?どんなユーザー様にお届けしたいのか?など目的をしっかりと持って一緒に ホームページ制作 取り組んでいただけるとより良いホームページを制作する事が可能です。

ホームページ制作でお困りの方はお問い合わせかお見積もりフォームからお気軽にご相談ください。お見積もりフォームで詳しい情報をご入力いただければ詳細なお見積書を作成させていただくことも可能です。

PR:株式会社TREVOのSEO対策

現在のSEO対策では、ページの設計、内容・情報が大切な要素となります。 最近、googleでは検索エンジンの制度を上げる為にアップデートを頻繁に繰り返しており、これまでSEO対策の基本だったリンクを増やす作業はマイナスの要素となるようになりました。

現在のSEO対策では、ページの内容(コンテンツ)、更新頻度等が重要になっています。 また、googleのロボットが理解しやすいサイト構造やHTMLソースの調整等もしっかりと行います。

TREVOのSEO対策はビッグキーワード だけじゃないからSEOに強い。

1割から2割がビッグキーワードで、その他の8割のスモールキーワード(ロングテールキーワード)を確実に取る事がSEO成功への秘訣です。 9~8割の見込み客を逃さない為にスモールルーキーワード(ロングテール)の事も考えたSEO対策を心掛けています。

その為にはSEO対策だけで十分じゃありません。せっかく検索で訪れたお客様にホームページを見て頂かなければ意味がありません。 サイト全体を見直す事でただのSEO対策以上の効果が期待できます。

そこでホームページのデザイン・内部構造・サイト構成・運営力(更新等)が重要です。 トレボではこれらすべての要素をアドバイス・改善致します。

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事