大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

Googleがウェブスパムに対してどの様な対策をおこなっているのか?

2016.05.20.

ホームページ制作

SEO

運用

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

2015090201
Googleのウェブマスター向け公式ブログで「2015年にGoogleが実施したウェブスパムへの対策」という記事が公開されました。
ホームページを制作する上で、過度なSEO対策や古い手法のSEO対策はウェブスパムと判断される事があるので、常に気を付ける必要があります。
ここ最近のSEO対策は、コンテンツ主体の対策も増えているので、どの様なサイトがウェブスパムに該当するのかを確認しておきましょう。

ウェブスパムとは?

2015020202

Googleのサーチコンソールページにウェブスパムの定義を確認する事が出来ます。

「ウェブスパム」とは、Google をだまして掲載順位を上げようとするページのことです。」

Googleの品質ガイドラインでは、以下の手法を使用しない様に注意を呼び掛けています。
次のような手法を使用しないようにします。

 

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

 

2015年のウェブスパムとはどんなものか?

不正なハッキングの被害に遭うサイトが増えた

2014年と比べると180%もハッキングされるサイトが増えたそうです。
WP等のCMSでもハッキングに関する話題は年々、増加傾向にあります。

価値のない質の低いコンテンツを含むスパム サイトが増えた

これは、適当な文章を増やして、ユーザーの望まないキーワード等を羅列しただけの品つの低いサテライトサイトの様なページが増えているという事です。

品質の低いページ

  • 自動生成されたコンテンツ
  • 内容の薄いアフィリエイト ページ
  • 他のソースからのコンテンツ(例: 無断複製されたコンテンツ、低品質のゲストブログ記事)
  • 誘導ページ

Googleはどのような対策を行ったのか?

検索結果の改善

ほとんどは検索のアルゴリズムを改善しハッキングが行われたサイトに対しても対策が可能となった様です。

手動での対策

430万通以上のメッセージをウェブマスターに送信する事で、手動による対策を行っています。

ウェブマスターからの再審査リクエストに対応

スパムと判断された箇所をウェブマスターが解決する事で、スパムサイトを解消した数が、2014年と比べると33%増えました。

まとめ

スパム認定されると、検索順位から消えてしまう事も有ります。
楽な方法でSEO対策するのではなく、ユーザーにとって有益なページを運営する事が大切です。
Googleも、検索結果をユーザー第一で考えて、使いやすいサービスへとアップデートを繰り返しています。

PR:株式会社TREVOのホームページ制作のポイント

ホームページ制作で成功する為の重要はポイントがあります。高い金額を支払ってホームページを制作する前に抑えておきたいポイントを知っておく事で完 成するホームページが違ってきます。
詳しくは弊社スタッフブログの「ホームページ制作 で成功するための重要なポイント」でも詳しく説明しています。

ホームページを制作する目的を考える

なぜホームページが必要だとおもいましたか?

名刺がわり、製品カタログ、実績の紹介、集客、告知などホームページといっても用途は様々です。 用途によっても必要なページ、デザイン、構成、予算は大きくかわってくるのでまずは目的を明確する事が重要です。 弊社スタッフが詳しくヒアリングを行い、方向性や必要なページ構成、機能等をご提案させていただきます。

ホームページを担当する方がホームページをどの様に活用したいのか?どんなユーザー様にお届けしたいのか?など目的をしっかりと持って一緒に ホームページ制作 取り組んでいただけるとより良いホームページを制作する事が可能です。

ホームページ制作でお困りの方はお問い合わせかお見積もりフォームからお気軽にご相談ください。お見積もりフォームで詳しい情報をご入力いただければ詳細なお見積書を作成させていただくことも可能です。

PR:株式会社TREVOのSEO対策

現在のSEO対策では、ページの設計、内容・情報が大切な要素となります。 最近、googleでは検索エンジンの制度を上げる為にアップデートを頻繁に繰り返しており、これまでSEO対策の基本だったリンクを増やす作業はマイナスの要素となるようになりました。

現在のSEO対策では、ページの内容(コンテンツ)、更新頻度等が重要になっています。 また、googleのロボットが理解しやすいサイト構造やHTMLソースの調整等もしっかりと行います。

TREVOのSEO対策はビッグキーワード だけじゃないからSEOに強い。

1割から2割がビッグキーワードで、その他の8割のスモールキーワード(ロングテールキーワード)を確実に取る事がSEO成功への秘訣です。 9~8割の見込み客を逃さない為にスモールルーキーワード(ロングテール)の事も考えたSEO対策を心掛けています。

その為にはSEO対策だけで十分じゃありません。せっかく検索で訪れたお客様にホームページを見て頂かなければ意味がありません。 サイト全体を見直す事でただのSEO対策以上の効果が期待できます。

そこでホームページのデザイン・内部構造・サイト構成・運営力(更新等)が重要です。 トレボではこれらすべての要素をアドバイス・改善致します。

twitter Facebook Pocket LINE はてブ
                   

関連の記事