ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2014.10.27.

制作実績のメニューをみやすく変更致して、サイトを運営する大切さを考え直した事

20141027
制作実績の左メニューがこれまで、ごちゃごちゃして見にくいという声を頂いてはいたのですが、なかなか対応できずにいました。

https://www.trevo-web.com/work/
しかし、今週末にやっと重い腰を上げ見やすい構成に変更致しました。
これでも、このスタッフブログのメニューも同じように変更する道筋が出来たわけです。

 

ウェブサイトを運営するという事

2014102702

ホームページを公開している以上少しずつでも改良は必要です。
小さな変化であっても、お客様にとって使いやすい様に変化させる事は大切で、海外にウェブサイトでは細かい修正を日々行い更新しているサービスが多いです。
facebookにしても、googleにしても、訪れるたびに小さな変化に気づかされる事があります。
アップルのページでは、スライド写真で製品をみれる様になった次の日には取りやめていたりした事もありました。
日々のアクセスやお客様の声に耳を傾け、小さな修正を繰り返し使いやすいホームページを模索する事も大切です。

 

小さな修正はコストがかかる

2014102703

小さな修正を続ければ、コストはかかります。特に、自社内にweb担当者がいない場合は特に運営費の問題が出て来ます。
それでも、月に1回でも修正点をまとめて修正するだけも使い勝手は変わってきます。
コンテンツを増やすのではなく、使い勝手を挙げていくという事もホームページ運営では大切な要素の一つです。

 

情報の整理

2014102704

SEOを重視するあまりに、ページが増えてお客様が目的のページに辿り着けなくなったサイトを沢山見て来ました。
確かにSEO対策を考えると、色々なキーワードを盛り込んだページを作りたくなるのは分かります。
でも、ページを増やしすぎるとユーザービリティ―が低下していくので、ページを乱立させるのはよくありません。
そこで、ブログ等を利用するのですがそこでも運用方法をしっかりと考えないと、カテゴリが増えすぎて見にくくなったりしてしまいます。
弊社の制作実績やスタッフブログで起こった現象もこれですね。

とにかく、SEO対策よりもユーザービリティ―を優先して考えないと、いくらアクセスが増えてもお問い合わせ数(コンバージョン)は増えません。
普段から、いかにホームページをユーザーに活用してもらうかも考えながら更新する必要があります。

 

まとめ

ウェブサイト(ホームページ)の運営に関する記事「ホームページ ( サイト ) を運営する上で参考になる本」を先週に書いて、自社ページもしっかりと運営していかないといけないと考えました。
どうしても、お問い合わせが順調に入ってくるとさぼってしまいがちになります。
弊社は、営業が一人もいないので、このホームページが集客のツールとして大部分を占めているにも関わらず、さぼりがちになってしまいます。
それだけ、ウェブサイト(ホームページ)を運営するという事は手間と時間がかかってしまうという事です。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社