大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

コンテンツ企画の成功の鍵はユーザー中心設計!

2023.04.27.

ホームページ制作

運用

SEO

プロモーション

コンテンツ企画のポイント

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

コンテンツ企画において、成功するためにはユーザーのニーズを中心に設計することが重要です。
ユーザーが求めるコンテンツを提供することで、ユーザー満足度の向上やコンテンツの共有など、様々なメリットがあります。
本記事では、ユーザー中心設計のポイントを紹介しながら、コンテンツ企画の成功の鍵を探っていきます。

ユーザー調査を行う

ユーザー調査を行う

ユーザーのニーズを正確に把握するためには、ユーザー調査が欠かせません。
アンケート調査やインタビュー、ユーザーテストなどの手法を用いて、ユーザーが何を求め、どのような課題を抱えているのかを明確にしていきます。

ユーザー調査を行う手順は、まず調査目的と仮説を設定、調査方法を決定、調査の対象となるユーザーを決め、調査のためのアンケートやインタビューの質問項目を作成します。
その後、ユーザーに対して調査を行い、データを収集します。
最後に、収集したデータを分析し、調査目的や仮説に対する答えを導き出します。

目的の明確化

調査の目的を明確にすることが重要です。何を調査するか、調査の目的は何かを定めます。

調査対象者の選定

調査の対象者を決めます。調査の目的に沿った人々を選定し、調査に協力してもらえるようアプローチする必要があります。

調査方法の選定

ユーザー調査には、インタビューやアンケート、観察などの方法があります。目的に合わせて適切な方法を選択します。

調査の実施

調査を実施します。調査対象者にアプローチし、調査を行います。正確な情報を収集するために、適切な調査手法を使用することが重要です。

データの分析

収集したデータを分析し、傾向や特徴を明らかにします。データの分析によって、改善すべき点や課題が明確になります。

アクションプランの策定

データの分析結果に基づいて、改善すべき点を洗い出し、改善策を検討します。改善策をまとめたアクションプランを策定し、実行します。

調査結果のフィードバック

調査結果を関係者にフィードバックすることで、改善に向けた共通理解を深めます。また、フィードバックを受けた関係者からの意見や提案を取り入れ、改善を継続的に行っていきます。

キーワード分析を行う

キーワード分析を行う

検索エンジンで検索されるキーワードを分析することで、ユーザーが何に興味を持っているのかを知ることができます。Googleアナリティクスなどのツールを使って、アクセス数や検索ワードの分析を行いましょう。

キーワード分析を行うためのツールとしては、Google Keyword PlannerAhrefsSEMrushMoz Keyword Explorer、キーワードツールなどがあります。
これらのツールは、検索数や競合度などのデータを提供し、キーワード戦略の立案に役立ちます。一部のツールには有料版があり、利用にはコストがかかることがあるので、用途や予算に応じて選択することが重要です。

コンテンツマップを作成する

コンテンツマップを作成する

ユーザーが求める情報を整理し、コンテンツマップを作成することで、コンテンツの全体像を把握することができます。また、コンテンツの構成や量、優先度などを考えることができるため、効率的なコンテンツ制作につながります。

ユーザーの行動を分析する

ユーザーの行動を分析する

ユーザーがどのようにコンテンツを閲覧しているかを分析することで、ユーザーが求める情報や興味を把握することができます。Googleアナリティクスなどのツールを使って、ページビュー数や滞在時間、コンバージョン率などを分析しましょう。
ユーザーの行動を分析することは、ウェブサイトの改善や効果的なコンテンツ戦略を立てる上で非常に重要です。どのようなコンテンツがユーザーに受け入れられ、どのような要素がユーザーにとってストレスや不便をもたらすのかを把握することで、改善点を見出し、ウェブサイトの利便性と魅力を高めることができます。

ページビュー数

ユーザーが閲覧したページ数や時間を把握し、どのコンテンツが人気があるかを知ることができます。

ユーザーの滞在時間

ユーザーがサイトにどれだけ時間を費やしたかを分析し、コンテンツやページの魅力度を把握することができます。

ユーザーの訪問元

ユーザーがどのようにサイトにアクセスしたかを分析することで、SNSや検索エンジンからのアクセス数を確認することができます。

ユーザーのデバイス

ユーザーがどのデバイスでサイトにアクセスしたかを分析することで、スマートフォンやタブレットなど、どのデバイスに最適化する必要があるかを判断することができます。

ユーザーの行動

ユーザーがどのような行動をとったかを分析することで、どのようなアクションが必要かを判断することができます。例えば、商品購入や問い合わせなどのアクションがある場合、それぞれのアクションに対しての改善点を見つけ出すことができます。

コンテンツを改善する

コンテンツを改善する

ユーザー調査や分析の結果をもとに、コンテンツを改善していきます。

コンテンツを改善するためには、まずユーザーが求めている情報に焦点を当てる必要があります。
そのためには、ユーザーがより使いやすく、理解しやすく、価値を感じるようなコンテンツを提供する必要があります。

具体的には、ターゲットオーディエンスに適した言葉やトーンで書かれたタイトル、見出し、文章を用いること、わかりやすく整理されたコンテンツ構造を作ること、必要な情報を簡潔に伝えること、適切な図や画像を使うこと、そしてSEOに対応したキーワードを適切に配置することが重要です。

また、定期的にコンテンツの更新や改善を行い、ユーザーがより満足できるコンテンツを提供するように心がけることも大切です。

おすすめ記事

大阪のホームページ制作会社TREVOでは、ホームページ制作に関する情報を掲載しています。最短2日で仮サイトを公開するサービスやSEO対策に特化したホームページ制作、オリジナルホームページデザイン、ライティング、リスティング広告、WEBマーケティングなどのサービスをご紹介しています。

経歴: 映像制作の専門学校を卒業後、映像制作(編集・撮影)でのアシスタント、カーナビゲーション用の3DCG制作、PS2用の3DCGゲーム背景制作、16ミリフィルムのデジタル変換業務等を経てWEB制作部門のある会社に就職。株式会社TREVOでディレクション、SEO対策、CMS開発、3DCG制作、映像制作を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事

お見積もり