ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2018.11.28.

ブログやSNSで話題のインフルエンサーってなに?

 

ブログやSNSをみていると、インフルエンサーという言葉を耳にする機会が多くなりました。

 

インフルエンザの新型が出たのか。なにかの薬の名前なのか、最新の食べ物のことを意味するのか、その言葉からさまざまな意味を想像できますが、本当の意味をしっている人は10人中1人ぐらい知っていればいいほうですよね。

 

今回は知ると自慢できるインフルエンサーの意味について紹介させていただきますので、気になる人はどうぞ最後までお読みください。

 

インフルエンサーの意味

 

ざっくりいうと、インフルエンサーは世の中において影響力がある人のことをいいます。

 

例として、有名人やタレントなどがあげられます。

 

これにたいして、影響力のない一般人などのことをマイクロインフルエンサーといいます。

 

SNSでのフォロワーが多い人や、ブログの閲覧数が多い人、自身の動画再生回数が多い人にもインフルエンサーという言葉が使われることがあります。

どんな役割があるのか?

 

企業の知名度アップや宣伝をする役割があります。

 

有名人やタレントがCMで出演していますが、あれも企業がインフルエンサーとして、有名人やタレントにギャラ(お給料)を支払って企業が発売する商品のPRをしているのであります。

 

また、近年新卒採用では、SNSなどのフォロワーが1000人以上など条件を満たした場合のみ、インフルエンサーとして1枠作るなど、就職活動にもインフルエンサーが取り入れられています。

 

もはや、ビジネスにおいてインフルエンサーは欠かせない存在となっているのです。

 

インフルエンサーとステマの関係

 

消費者に宣伝と感じさせずに、企業のPRをするのをステママーケティング(通称ステマ)とよびます。

 

企業はインフルエンサーの言動を制限できないことから本音で商品をPRしてくれ、消費者が身近に感じられるというメリットがありますが、インフルエンサーの言動によっては、企業のイメージが悪くなるというデメリットがありますので、注意が必要です。

 

インフルエンサーと企業で信頼関係を作りながらステママーケティングをしていくことが今後、企業が抱える問題点であることがいえます。

 

まとめ

 

インフルエンサーとは、世の中において影響力のある人物を意味します。

 

インフルエンサーの知名度を生かして、企業のPRができますが、企業はインフルエンサーの言動を制限できないため、ときによっては企業のイメージが悪くなってしまうことがしばしばあります。

 

このようなリスクを減らすためにもインフルエンサーとの信頼関係を作りながら企業の宣伝をしていきましょう。

 

【参照サイト】

 

ウィキペディア:インフルエンサー

ferret:インフルエンサー

NOW OR NEVER:インフルエンサーマーケティングとステマって同じじゃないの?

 


ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社