大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

記事作成時のチェックリスト|SEO対策の話 第4回

2023.03.14.

SEO

運用

WordPress

これから重要なSEO対策の話

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

ウェブサイトの集客やSEO対策において、コンテンツの質が重要です。記事の作成時には、どのようなチェックリストを用いると良いのでしょうか。以下に、記事作成時にチェックすべき項目をまとめました。

Googleの検索セントラルでは、検索エンジンが求めているコンテンツの作り方のガイドラインが公開されています。
参考になるので読んでみてはいかがでしょうか?

SEO対策のリスト

目次

キーワードの選定

まずは、記事の中心となるキーワードを選定することが大切です。キーワードは、検索エンジンでの表示順位に影響を与えるため、適切に選定することが必要です。

キーワードの選定

ユーザーのニーズを理解する

キーワードを選定するにあたっては、まずユーザーのニーズを理解することが重要です。どのような情報を探しているのか、どのようなキーワードを使用しているのかを把握しましょう。そのためには、キーワードツールを使用することが有効です。

競合キーワードの調査を行う

競合企業がどのようなキーワードを使用しているかを調査することも重要です。競合キーワードを把握することで、自社のサイトと競合しているキーワードを把握することができます。

長尾キーワードを選定する

単語単位ではなく、複数の単語を組み合わせた長尾キーワードを選定することが有効です。長尾キーワードは、競合が少なく、かつ検索意図に合致したキーワードとなるため、トラフィックを獲得することができます。

キーワードの検索ボリュームを確認する

選定したキーワードの検索ボリュームを確認しましょう。検索ボリュームが低いキーワードを選定しても、アクセス数が増えないため、効果的なSEO対策とは言えません。

キーワードの競合度を確認する

選定したキーワードの競合度を確認しましょう。競合度が高い場合には、上位表示が困難であるため、長尾キーワードを使用するなど工夫する必要があります。

以上が、キーワードの選定方法の基本的な流れです。ただし、SEO対策は常に変化しているため、継続的な調査と改善が必要です。

記事のタイトル

キーワードを含んだ、興味を引くタイトルを設定しましょう。
記事のタイトルは、読者にとって最初に目に入る重要な要素です。適切なタイトルを設定することで、読者の興味を引きつけるとともに、SEO対策にもつながります。以下に、記事のタイトルを考える方法をいくつか紹介します。

キーワードを含める

記事のタイトルには、適切なキーワードを含めることが重要です。キーワードを含めることで、検索エンジンに記事の内容が正確に伝わるとともに、読者にも記事の主題が明確になります。

読者のニーズに合わせる

タイトルは、読者のニーズに合わせることが重要です。記事の内容がどのような情報を提供しているのかを明確にし、読者が求めている情報をタイトルに反映させましょう。

興味を引く言葉を使う

興味を引く言葉をタイトルに使用することで、読者の注意を引くことができます。タイトルに疑問形を使う、数字を使用する、驚きを含めるなどの手法を用いることで、タイトルの興味を引き上げることができます。

簡潔でわかりやすいタイトルを作る

タイトルは、簡潔でわかりやすいものであることが望ましいです。長すぎるタイトルは、読者が興味を失い、SEO対策にも悪影響を及ぼすことがあります。また、タイトルに誤解を招く表現や難解な言葉を使わないようにしましょう。

タイトルをアップデートする

タイトルは、記事をアップデートする際にも見直すことが大切です。記事の内容が変わった場合や、新たなキーワードが発見された場合には、タイトルを見直すことで、SEO対策を改善することができます。

以上が、記事のタイトルを考える方法の一例です。適切なタイトルを設定することで、読者の興味を引きつけ、SEO対策を強化することができます。

記事の構成

記事の構成は、見出しを使って明確に区切ることが重要です。見出しは、読者にとってスキャンしやすくするためのヒントとなります。また、記事全体の構成が明確であることが望ましいです。
読者が記事を読みやすく、理解しやすくするために非常に重要です。以下は、記事の構成を考える上での一般的なステップです。

記事の構成

タイトル

記事のタイトルは、記事の内容を要約する役割を持っています。読者がタイトルを読んだ時に、記事のテーマや内容が理解できるようにしましょう。

イントロダクション

イントロダクションは、読者の興味を引きつけ、記事の目的や内容を説明するための重要な部分です。読者が記事を読み進める意欲を高めるような、簡潔で分かりやすい文章を用意しましょう。

本文

本文は、記事の主要な内容を伝える部分です。本文は、段落に分けて、わかりやすく、簡潔な文章を用いて伝えるようにしましょう。また、本文中に図や画像、表を使うことで、視覚的に理解しやすくすることができます。

サマリー

サマリーは、記事の最後に付ける、記事のまとめを伝える部分です。サマリーには、記事のポイントや結論をまとめて伝えるようにしましょう。

キーワードの最適化

記事内で使用したキーワードを最適化し、SEO対策に役立てることも大切です。キーワードを過剰に使用すると読みにくくなってしまうため、適度に使用するようにしましょう。

以上が、記事の構成を考える上での一般的なステップです。記事を読みやすく、理解しやすくするために、必要な情報を的確にまとめ、適切なレイアウトを考慮するようにしましょう。

メタディスクリプションの作成

メタディスクリプションは、検索結果ページに表示される、記事の簡単な説明文です。キーワードを含んだ要約文を設定することで、読者にとって興味深いものにすることができます。
SEO対策で効果的なメタディスクリプションを作成するためには、以下のポイントを考慮する必要があります。

メタディスクリプションの作成

メタディスクリプションは簡潔で明確に

メタディスクリプションは、簡潔で明確な文章を用いることが重要です。読者が検索結果を見た際に、すぐに記事の内容やテーマが理解できるようにしましょう。

キーワードを含める

メタディスクリプションには、記事のテーマに関連したキーワードを含めるようにしましょう。検索エンジンは、キーワードを含む文章を優先して検索結果に表示するため、キーワードを含めることでSEO対策に役立てることができます。

ユーザーに価値を提供する

メタディスクリプションは、単にキーワードを並べた説明文ではなく、読者にとって有用な情報を提供することが大切です。読者が記事をクリックした後に、期待通りの情報が得られるような、正確かつ具体的な説明文を用いるようにしましょう。

独自性を出す

他の記事との差別化を図るために、メタディスクリプションには独自の表現や魅力的なフレーズを使うことが重要です。読者が他の記事と比較して、自分にとって最も興味深い記事を選ぶようにアピールすることができます。

以上のポイントを考慮しながら、SEO対策に効果的なメタディスクリプションを作成することが大切です。
ただし、過度にキーワードを詰め込んだり、虚偽の情報を記載することは、読者にとって不快な印象を与えるだけでなく、SEO対策の成果を損なうことになるため、適切に作成するようにしましょう。

内部リンクの設定

内部リンクとは、同じウェブサイト内の別のページへのリンクのことであり、SEO対策においても重要な要素の一つです。
過去の記事や関連性のあるページにリンクを設定しましょう。内部リンクは、読者にとって関心がある情報を提供するための手段となります。
内部リンクの設定を行う際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

内部リンクの設定

関連性が高いページを選ぶ

内部リンクを設定する際には、リンク先のページとリンク元のページが関連性が高いことが望ましいです。例えば、特定のテーマについて書かれた記事には、そのテーマに関連する過去の記事にリンクを張ると、読者にとって有用な情報が提供されるだけでなく、検索エンジンからも評価される可能性が高くなります。

適切なアンカーテキストを使う

アンカーテキストとは、リンクのテキスト部分のことであり、適切なアンカーテキストを使用することで、検索エンジンからの評価を受けやすくなります。アンカーテキストには、リンク先のページの内容を表す適切なキーワードを使用するようにしましょう。

適度なリンク数を設定する

一つのページに設定された内部リンクが多すぎると、ページの読み込み速度が遅くなることがあります。そのため、適度な数の内部リンクを設定するようにしましょう。

リンクの位置を適切に設定する

内部リンクは、ページの中で目立つ場所に配置するようにしましょう。例えば、記事の最初や最後にリンクを配置することで、読者がリンクを見つけやすくなります。

以上のポイントを考慮しながら、適切な内部リンクの設定を行うことで、SEO対策に効果的なページを作成することができます。ただし、無理にリンクを設定することは、読者にとって不快な印象を与えるだけでなく、逆に検索エンジンからの評価を下げることにつながるため、適切に設定するようにしましょう。

外部リンクの設定

関連性のあるWebサイトにリンクを設定しましょう。外部リンクを設定することで、読者にとって有益な情報を提供することができます。

外部リンクの設定

リンク先の信頼性を確認する

外部リンクを設定する際には、リンク先の信頼性を確認することが大切です。特に、情報や商品を紹介する場合は、信頼性の高いサイトや企業のページを選ぶようにしましょう。

リンク先の関連性を確認する

外部リンクは、記事の内容に関連する情報を提供するために利用されます。そのため、リンク先が記事のテーマに関連するものかどうかを確認することが大切です。関連性の低いリンクを張ってしまうと、読者にとっては不要な情報になってしまい、ページの信頼性が下がる可能性があります。

リンクテキストを適切に設定する

外部リンクのリンクテキストは、リンク先の内容を的確に伝えることができるようにすることが大切です。具体的には、リンクテキストにキーワードを含めることで、ページのSEO効果を高めることができます。ただし、キーワードを強引に挿入すると、読者にとって不自然な文章になってしまうため、適度なバランスを保つようにしましょう。

リンク先が別ウィンドウで開かれないようにする

外部リンクをクリックした場合、リンク先が別ウィンドウで開かれる場合がありますが、この場合はページの閲覧が中断されてしまいます。そのため、外部リンクは同じウィンドウで開くように設定することで、読者のストレスを減らすことができます。

過剰な外部リンクを避ける

過剰な外部リンクを設定してしまうと、ページの読みやすさが損なわれるだけでなく、ページの信頼性も低下する可能性があります。そのため、必要最低限の外部リンクに留めるようにしましょう。

見出しタグの適切な使用

記事内には、見出しタグを適切に使用しましょう。見出しタグは、読者がスキャンしやすくするためのものであり、検索エンジンにとっても重要です。h1タグは、記事のタイトルに、h2タグは、セクションのタイトルに使用することが一般的です。また、h3タグやh4タグなど、必要に応じて使用することもできます。
見出しタグは、ページの構造を明確にするために非常に重要な要素の1つであり、適切な使用がSEO対策に大きく関係します。以下のポイントを考慮して、見出しタグを適切に使用するようにしましょう。

見出しタグの適切な使用

見出しタグの階層を守る

HTMLの見出しタグには、h1からh6までの6段階のタグがあり、h1が最上位の見出し、h6が最下位の見出しとなります。見出しタグの階層を守り、正しい順序で使用することで、ページの構造が明確になり、検索エンジンから評価されやすくなります。

見出しタグでページの要約を表現する

見出しタグは、その下に記述された内容の要約を表現する役割を持っています。そのため、見出しタグを適切に使用することで、ページの要約が明確になり、読者にとっても有用な情報を提供することができます。

見出しタグを使ったキーワードの使用に注意する

見出しタグを使って、ページ内のキーワードを表現することができますが、あまりにも強制的にキーワードを含めると、読者や検索エンジンからスパムとみなされてしまう可能性があります。そのため、自然にキーワードを含めつつ、見出しタグを適切に使用するようにしましょう。

見出しタグを使った目次の作成

長い記事の場合は、見出しタグを使って目次を作成することも有効です。目次を作成することで、読者が興味のある部分にすばやくアクセスできるだけでなく、検索エンジンからも高い評価を得ることができます。

以上のようなポイントを考慮しながら、適切な見出しタグの使用を行うことで、SEO対策に効果的なページを作成することができます。

画像の適切な使用

記事には、適切な画像を使用することで、読者にとって視覚的にも分かりやすくなります。また、画像にはalt属性を設定することで、検索エンジンに対しても情報を提供することができます。
画像の適切な使用は、SEO対策においても重要なポイントの一つです。以下に、画像の適切な使用で気を付けるべきポイントをいくつか挙げてみます。

画像の適切な使用

画像のサイズを最適化する

画像のサイズが大きすぎる場合、ページの読み込み速度が遅くなり、ユーザー体験が悪化するため、SEO上でもマイナスの影響が出る可能性があります。そのため、画像のサイズを最適化し、軽量化することが重要です。

画像に適切なファイル名を付ける

画像のファイル名は、その画像の内容を表現するキーワードを含めることで、SEO効果を高めることができます。例えば、「product-image.jpg」ではなく、「red-widget-product-image.jpg」のように、具体的なキーワードを含めたファイル名を付けるようにしましょう。

画像に適切なalt属性を付ける

alt属性は、画像が読み込めなかった場合に、代替テキストを表示する役割を持っています。また、検索エンジンはalt属性をキーワードの一つとして認識しているため、適切なalt属性を付けることでSEO対策にも効果的です。

画像にキャプションを付ける

画像にキャプションを付けることで、その画像の内容をさらに明確にすることができます。また、キャプションも検索エンジンに認識されるため、SEO効果を高めることができます。

画像の著作権に気を付ける

画像を使用する場合は、著作権に注意する必要があります。著作権のある画像を無断で使用すると、法的な問題が発生する可能性があります。そのため、著作権のある画像を使用する場合は、正当な手続きを踏んで使用するようにしましょう。

以上のようなポイントを考慮しながら、適切な画像の使用を行うことで、SEO対策に効果的なページを作成することができます。

文章の長さと品質

記事の長さや品質は、読者や検索エンジンにとっても重要です。記事の長さは、ある程度の長さが必要ですが、読者が飽きないように、適切な長さに調整することが必要です。また、文章の品質は、読みやすく、分かりやすいものであることが望ましいです。
文章の長さと品質は、SEO対策においても非常に重要なポイントの一つです。以下に、文章の長さと品質で気をつけるべきポイントをいくつか挙げてみます。

文章の長さと品質

長すぎず短すぎない適切な長さ

文章の長さは、読者にとって読みやすく、検索エンジンにとっても適切に判断される長さが適切です。通常、300?500語程度の記事は、読者にとって読みやすく、SEO的にも適切です。ただし、特定のトピックに関する詳細な情報を提供する場合は、もう少し長くなることもあります。

タイトルと一貫性のあるコンテンツ

タイトルに記載したトピックと、記事の内容が一致しているかどうかを確認しましょう。また、記事全体にわたって一貫性のあるコンテンツを提供することが重要です。読者が記事を読むうえで、混乱や疑問が生じるような文章の書き方を避け、明確かつ簡潔な文章を心がけましょう。

良質なコンテンツを提供する

良質なコンテンツを提供することが、SEO対策においても非常に重要です。読者が求めている情報を提供し、他のサイトにはない独自の情報を提供することができれば、検索エンジン上でも高い評価を受けることができます。また、正確な情報を提供することで、読者からの信頼を得ることができます。

読みやすさに配慮する

読者が文章を読むうえで、読みやすさは非常に重要な要素です。短い段落を使い、分かりやすい言葉を選ぶことで、読者にとって読みやすい文章を提供することができます。また、見出しや箇条書きなどを使用することで、記事の構成を明確にすることも大切です。

以上のようなポイントを考慮しながら、適切な文章の長さと品質を提供することで、SEO対策に効果的なページを作成することができます。

目次の作成

Wordpressでホームページ制作

見出しレベルの設定

目次には記事の見出しを自動的に反映させることができますが、その際には見出しレベルを適切に設定する必要があります。一般的には、h2からh4程度までの見出しを目次に反映させることが多いです。

目次の位置

目次は記事の冒頭やサイドバーなど、見やすくアクセスしやすい位置に配置することが重要です。特に、記事が長い場合は目次があると読者にとって非常に便利です。

目次のデザイン

目次のデザインにも注意が必要です。目次が見やすくなるように、フォントサイズや行間、色などを調整することが大切です。また、目次のスタイルを記事に合わせて調整することで、全体的なデザインの統一感を出すことができます。

目次の更新

記事の内容を更新した場合には、目次も必ず更新するようにしましょう。古い情報が目次に反映されたままだと、読者にとって混乱を招くことになります。更新が必要かどうかは、記事を定期的にチェックすることで確認できます。

記事が長い場合には、目次を作成することで、読者が必要な情報をすばやく見つけることができます。目次は、記事の構成を示すためのものであり、SEO対策にも効果的です。

おすすめ記事

経歴: 映像制作の専門学校を卒業後、映像制作(編集・撮影)でのアシスタント、カーナビゲーション用の3DCG制作、PS2用の3DCGゲーム背景制作、16ミリフィルムのデジタル変換業務等を経てWEB制作部門のある会社に就職。株式会社TREVOでディレクション、SEO対策、CMS開発、3DCG制作、映像制作を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事

お見積もり