大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

GoogleとYahooの検索でのサジェスト削除要請する方法

2020.11.17.

SEO

運用

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

GoogleとYahoo!JAPANなどで検索すると予測変換で関連するキーワードが自動で表示される事があります。
機能自体は便利なのですが、事実は違う悪いキーワード「倒産、ブラック等」が表示されてしまうと業務に悪影響を及ぼします。
そんな時にGoogleとYahoo!JAPANに対して削除申請を出す方法を紹介します。

Googleのサジェスト機能

Googleはオートコンプリートという技術を使用しています。
Googleの技術者は「これらの予測をどのように決定しますか?」
という質問に対して
「Googleで行われている実際の検索を調べ、入力された文字に関連し、現在地や以前の検索にも関連する一般的でトレンドの検索を表示します。」
と答えています。

Googleの削除申請方法

削除申請は「不適切な検索候補の報告」と「法律に基づく削除に関する問題を報告する」の2段階で申請可能となっています。
Goolgeはユーザーの「知る権利」を大切にしているので必ず申請が通るわけではありません。
https://support.google.com/legal/contact/lr_legalother?product=searchfeature
スクリーンショットの添付も可能となっているので、表示されているキーワードをプリントスクリーンでキャプチャして添付しておくとよいでしょう。

不適切な検索候補の報告

簡単に申請を出す事が可能な方法です。
こちらの申請を出しても難しい場合は「法的な問題に関するヘルプページ」を確認して「法律に基づく削除に関する問題を報告する」というページで申請する事をおすすめします。

1.検索時に出てくるオートコンプリート(サジェスト)のキーワード一覧の右下に表示される「不適切な検索候補の報告」をクリック

Googleの不適切な検索候補の報告

 

2.該当するオートコンプリート(サジェスト)キーワードと理由を選択して送信すれば完了です。

googleの不適切な検索候補の報告

 

法的な削除申請方法

削除申請は「法律に基づく削除に関する問題を報告する」というページで申請が可能です。
下記ページより申請が可能です。

https://support.google.com/legal/contact/lr_legalother?product=searchfeature
スクリーンショットの添付も可能となっているので、表示されているキーワードをプリントスクリーンでキャプチャして添付しておくとよいでしょう。

Googleの削除申請ページ

Yahoo!のサジェスト機能

Yahoo!のサジェスト機能はGoogleと違い検索クエリの情報、SNSや掲示板サイトの情報を重視していると言われています。
Googleの検索エンジンを使用していますがサジェストに表示されるキーワードは違います。

Yahoo!の削除申請方法

申請にはYahoo!アカウントが必要です。
https://support.yahoo-net.jp/form/s/PccSearch

ログインした状態で下記URLを開くとお問い合わせフォームが開くので「関連検索ワードの情報削除」を選んで申請します。

Googleの削除申請ページ

板浪雅樹

経歴: 映像制作の専門学校を卒業後、映像制作(編集・撮影)でのアシスタント、カーナビゲーション用の3DCG制作、PS2用の3DCGゲーム背景制作、16ミリフィルムのデジタル変換業務等を経てWEB制作部門のある会社に就職。株式会社TREVOでディレクション、SEO対策、CMS開発、3DCG制作、映像制作を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事