大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

内部リンク対策で適切なウェブサイト構造を作ろう|SEO対策の話 第12回

2024.07.04.

SEO

これから重要なSEO対策の話

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

ウェブサイト制作において、SEO(検索エンジン最適化)は非常に重要な要素です。その中でも、内部リンク対策は適切なサイト構造を作り上げる上で欠かせない施策の一つです。本記事では、内部リンク対策の重要性と、効果的な実施方法について詳しく解説していきます。

内部リンクとは

内部リンクとは、同一ドメイン内のページ間を結ぶリンクのことを指します。ナビゲーションメニュー、パンくずリスト、関連記事へのリンクなど、様々な形で実装されています。

内部リンクには主に以下の役割があります:

  • ユーザーの回遊性向上
  • サイト内の重要ページへの誘導
  •  検索エンジンのクローラーへの案内
  • ページ間の関連性の明示
  • リンクジュースの分配

コンテンツマップを作成する

内部リンク対策の重要性

ウェブサイト制作においてSEO対策を行う際、内部リンク対策が重要な理由は以下の通りです:

クローラビリティの向上

適切な内部リンク構造により、検索エンジンのクローラーがサイト内のページを効率的に巡回できるようになります。

ページの重要度の伝達

重要なページに多くの内部リンクを張ることで、そのページの重要性を検索エンジンに伝えることができます。

キーワードの最適化

アンカーテキストを適切に設定することで、ターゲットキーワードとページの関連性を強化できます。

ユーザー体験の向上

関連性の高いコンテンツ同士をリンクで結ぶことで、ユーザーの回遊性が高まり、サイト滞在時間の増加につながります。

効果的な内部リンク対策の実施方法

サイト構造の最適化

ウェブサイト制作の段階で、以下のような階層構造を意識しましょう:

  • ホーム
  • カテゴリーA
    -サブカテゴリーA1
    -サブカテゴリーA2
  • カテゴリーB
    -サブカテゴリーB1
    -サブカテゴリーB2

この構造により、ユーザーと検索エンジンの両方にとって、サイトの全体像が把握しやすくなります。

サイロ構造の活用

関連性の高いコンテンツをグループ化し、そのグループ内で相互にリンクを張る「サイロ構造」を採用することで、テーマごとの関連性を強化できます。

例:「ウェブサイト制作」というカテゴリー内で

  • デザイン
  • コーディング
  • SEO
  • レスポンシブ対応

などのサブカテゴリーを作成し、相互にリンクを張る

アンカーテキストの最適化

内部リンクのアンカーテキストには、リンク先ページのターゲットキーワードを含めることが効果的です。ただし、同じアンカーテキストの過度な使用は避け、自然な表現を心がけましょう。

良い例:
「ウェブサイト制作の流れについて詳しく解説しています。」

悪い例:
「ここをクリック」「詳細はこちら」

コンテンツ内の関連リンク

記事やページ内で関連するトピックに触れた際、そのトピックについて詳しく解説しているページへのリンクを張ることで、ユーザーの興味に応じた情報提供が可能になります。

例:SEOについての記事内で「内部リンク」について触れた際、本記事へのリンクを張る

サイドバーやフッターの活用

サイドバーやフッターに、人気記事や最近の投稿へのリンクを配置することで、ユーザーの回遊性を高めることができます。ただし、あまりに多くのリンクを配置すると、かえって重要なページへのリンクジュースが分散してしまうので注意が必要です。

パンくずリストの実装

パンくずリストは、ユーザビリティの向上だけでなく、サイト構造を明確に示す役割も果たします。以下のような形式で実装しましょう:

ホーム > カテゴリーA > サブカテゴリーA1 > 現在のページ

関連記事の表示

記事の末尾に関連記事へのリンクを表示することで、ユーザーの興味を引き、回遊性を高めることができます。関連記事の選定には、同じカテゴリーや似たキーワードを含む記事を選ぶなどの工夫が必要です。

リンクの鮮度を保つ

定期的に内部リンクをチェックし、リンク切れがないかを確認しましょう。また、新しいコンテンツが追加された際には、関連する既存のページからリンクを張ることを忘れないようにします。

内部リンク対策の注意点

過剰なリンクを避ける

1ページあたりのリンク数が多すぎると、各リンクの価値が薄まってしまいます。一般的に、1ページあたり100リンク以内に抑えることが推奨されています。

ノーフォローリンクの適切な使用

プライバシーポリシーや利用規約など、SEO的に重要でないページへのリンクには、nofollow属性を付与することで、リンクジュースの無駄な分配を防ぐことができます。

アンカーテキストの自然な使用

同じアンカーテキストを過度に使用すると、スパム行為と見なされる可能性があります。自然な文脈でバリエーションを持たせましょう。

モバイルフレンドリーな設計

スマートフォンでの閲覧を考慮し、タップしやすいサイズと間隔でリンクを配置することが重要です。

内部リンク対策の効果測定

内部リンク対策の効果を測定するには、以下のような指標を活用します:

  • 平均ページビュー数の変化
  • 直帰率の変化
  • サイト内滞在時間の変化
  • 特定ページのランキング変動
  • クリック率(CTR)の変化

これらの指標を定期的に確認し、必要に応じて内部リンク構造の改善を行いましょう。

まとめ

ウェブサイト制作において、SEO対策の一環として内部リンク対策を適切に行うことは、サイトの価値を最大化する上で非常に重要です。ユーザビリティの向上と検索エンジンへの最適化を両立させることで、長期的なサイトの成長につながります。

内部リンク対策は一度行えば終わりではなく、新しいコンテンツの追加や既存ページの更新に合わせて、常に最適な状態を保つよう努める必要があります。定期的なサイト構造の見直しと改善を行うことで、より強固で効果的なウェブサイトを構築することができるでしょう。

SEOは日々進化する分野です。最新のトレンドや検索エンジンのアルゴリズム変更にも注目しながら、ユーザーファーストの姿勢を忘れずにウェブサイト制作とSEO対策に取り組んでいきましょう。

関連記事

経歴: 映像制作の専門学校を卒業後、映像制作(編集・撮影)でのアシスタント、カーナビゲーション用の3DCG制作、PS2用の3DCGゲーム背景制作、16ミリフィルムのデジタル変換業務等を経てWEB制作部門のある会社に就職。株式会社TREVOでディレクション、SEO対策、CMS開発、3DCG制作、映像制作を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事

お見積もり