大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

キーワードリサーチの重要性と実践方法|SEO対策の話 第5回

2023.04.11.

WordPress

これから重要なSEO対策の話

運用

SEO

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

ホームページ制作において、キーワードリサーチは非常に重要な作業です。キーワードリサーチを行うことで、サイトの構成やコンテンツ、そしてSEO対策を行う際のキーワード戦略を立てることができます。本記事では、ホームページ制作におけるキーワードリサーチの重要性と実践方法について解説します。

キーワードリサーチの重要性

CTAを計測する上で重要な要素

キーワードリサーチは、ホームページ制作やSEO対策において非常に重要な作業です。

キーワードリサーチを行うことで、ユーザーがどのような検索クエリを行っているかを把握し、それに合わせたコンテンツを作成することができます。
また、競合他社がどのようなキーワードをターゲットにしているかを把握し、自社独自のキーワード戦略を立てることができます。

さらに、適切なキーワードを使用することで、検索上位表示を狙うことができます。つまり、キーワードリサーチは、サイトの集客やSEO対策を行う上で欠かせない作業であり、効果的なキーワードリサーチによって、ホームページ制作やSEO対策の効果を最大化することができます。

ユーザーのニーズを把握できる

キーワードリサーチを行うことで、ユーザーがどのような検索クエリを行っているかを把握することができます。そのため、自社のサービスや製品に関するニーズを正確に把握し、それに応じたコンテンツを作成することができます。

競合と差別化を図れる

キーワードリサーチを行うことで、競合他社がどのようなキーワードをターゲットにしているかを把握することができます。そのため、競合と差別化するために、自社独自のキーワード戦略を立てることができます。

SEO対策を強化できる

キーワードリサーチを行うことで、検索エンジンがサイトをどのように評価するかを把握することができます。そのため、適切なキーワードを使用することで、検索上位表示を狙うことができます。

キーワードリサーチの実践方法

最初に決めておく事

テーマの決定

まずは、自社のウェブサイトやブログに投稿するコンテンツのテーマを決定します。例えば、ホームページ制作に関する記事を書く場合は、「ホームページ制作」がテーマになります。

キーワード候補の洗い出し

まずは、自社のサービスや製品に関するキーワードをリストアップします。
ツールを利用して関連キーワードを洗い出し、リストに追加していきます。有名なツールとしては、Googleキーワードプランナー、Ahrefs、SEMrushなどがあります。

キーワードツールを使うことで、Googleが提供する検索ワードの関連キーワードを調べたり、競合サイトのキーワードを分析することができます。

サジェスト機能を利用する

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでは、入力したキーワードに対して自動的に関連キーワードを提示するサジェスト機能があります。これを利用して、検索者がよく入力するキーワードを把握することができます。

googleのキーワードプランナーなどがおすすめです。

キーワードの分析

洗い出したキーワードの中から、検索数が多く、競合が少ない、かつ自社のコンテンツにマッチするキーワードを選定します。
その際には、競合サイトのページランクや、リンクの数、タイトルタグ、メタデータ、ヘッダータグなどを調べることが重要です。

コンテンツを分析する

自社サイトや競合サイトのコンテンツを分析することで、どのようなキーワードが使われているかを把握することができます。また、競合サイトがどのようなキーワードで上位表示されているかを調べ、自社サイトのキーワード戦略に活かすこともできます。

ソーシャルメディアを活用する

SNSやブログなどのソーシャルメディア上で、自社サービスや業界に関するキーワードがどのように使われているかを調べることができます。特にTwitterでは、キーワードに関連するトピックがリアルタイムで分かるため、非常に有用です。

まとめ

検索エンジンのアルゴリズムは常に変化しているため、定期的なキーワードリサーチの実施が重要です。
より正確な情報を得るためには、複数のキーワードツールを使い、分析の精度を高めることが望ましいです。

これらの方法を組み合わせて、より効果的なキーワードリサーチを行うことができます。
ただし、あくまでもキーワードはユーザーのニーズに応じて選定することが重要であり、検索エンジンのアルゴリズムに合わせたキーワード選定に固執することは避けるべきです。

おすすめ記事

経歴: 映像制作の専門学校を卒業後、映像制作(編集・撮影)でのアシスタント、カーナビゲーション用の3DCG制作、PS2用の3DCGゲーム背景制作、16ミリフィルムのデジタル変換業務等を経てWEB制作部門のある会社に就職。株式会社TREVOでディレクション、SEO対策、CMS開発、3DCG制作、映像制作を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事

お見積もり