TREVOのスタッフブログ

Blog
2019.09.27.

月額制ホームページサービスのページをconohaサーバーでWPをkusanagiで構築してみました。

月額制ホームページサービスの専用サイトをGMOグループのconohaというサーバー会社で、VPSでwordpressのkusanagiで構築しました。
まだ細かいチューニング中なので画像の圧縮やモバイル対応等完全に終わってはいないのですが公開しました。
wordpressの高速化は、SEO対策を行う上でも重要なポイントとなるのでkusanagiを利用する事は第一前提でサーバーを探していた所で、wordpressとkusanagiを簡単にインストール出来るconohaのVPSサービスを使用する事にしました。

そもそもkusanagiとは?

KUSANAGIはwordpressを高速化する為の仮想マシンです。
仮想マシンは、サーバーのOSの中に高速設定したwordpressを仮想マシンで動かすことによりデータベースやPHP(プログラム)などの連携の高速化を実現しています。

kusanagiを入れてみた感想

kusanagiはこちらのTREVOの本サイトもで導入しているので効果は分かっていました。
ページの読み込みと表示スピードが爆速でストレスなくページの移動と表示が可能なので次回、自社サイトを運用する際にkusanagiを導入する事は絶対の条件でした。

もちろんページが表示されるだけが利点ではなく、ページを更新する上でもworpressの管理画面でのページの表示スピードが上がるので新規ページ追加や編集の際にもストレス無く更新が可能となりました。

それほど知識が無くてもサイトを高速化出来るので、対応したサーバーであればkusanagiの導入はおすすめします。
要求するサーバーのスペックはメモリの推奨環境が4GBだったりそこそこ必要なので、サーバーをしっかりと選ぶ必要はあるかと思います。

月額制ホームページサービスで行うSEO対策

まずは画像周りの圧縮を見直し次世代画像フォーマットwebpへの対応や、画像サイズの調整、表示速度などのパフォーマンス調整を行っていきます。
またコンテンツの充実もSEO対策の重要な要素となるので、ブログの更新、マニュアル、用語集、Q&Aページの充実などやらなければいけない事は沢山あります。

全てはお客様(ユーザー)に向けた施策を行う事でGoogleからの評価も上げていく基本的なSEO対策を頑張っていきます。

サーバー移転について

もしkusanagiを使用してサイトを運用したいといご要望が御座いましたらご相談ください。
弊社ではサーバー移転のサービスも行っております。
弊社のサイトも今年の初めにサーバーを移転しております。