大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

LSI (Latent Semantic Indexing) キーワードの探し方と使用方法

2021.01.04.

SEO

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

SEOに強いコンテンツを書くための基本をマスターしたら、コンテンツのLSI (Latent Semantic Indexing) キーワードの見つけ方を学ぶことで、戦略をより高度なものできます。
このLSI (Latent Semantic Indexing) に関して、Googleのシニア・ウェブマスターのJohn Mueller氏は、twitter上でLSIキーワードは存在しないとツイートしています。
Googleの検索エンジンは進化し、キーワード密度よりも深いレベルでコンテンツを理解するためにLSIキーワードに依存していると考えられています。
Googleの目標は、ページの全体的なトピックを把握することで、より良い検索結果をユーザーに届ける事です。
一見、LSIキーワードは、理解して実行するのが難しい高度なSEO戦略のように見えるかもしれませんが、コンセプトはシンプルです。

LSI (Latent Semantic Indexing)とは

直訳すると「潜在的意味 索引(インデックス)作成」となります。
LSI (Latent Semantic Indexing) とは、ホームページのターゲットキーワードと類似している、または関連している用語やフレーズのことです。
文脈を追加し、コピーをターゲットキーワードに結びつけることで、検索エンジンがページの内容をよりよく理解できるようにすることです。
LSIキーワードは、少なくともSEOコミュニティの多くの人によれば、Googleがトピックに意味的に関連していると見なす単語やフレーズです。
新築の場合、LSIのキーワードは、新築祝い、新築マンション、新築マンション、新築戸建てなどです。

LSIキーワードの探し方

にGoogleオートコンプリートで探す
LSIキーワードの見つけ方を学ぶ際にGoogleオートコンプリートを利用するのが簡単です。
簡単なLSIキーワードの例は、検索結果ページの下部にある関連検索のグループです。
詳しくは、「検索でのGoogleオートコンプリートの仕組み」の記事で解説しています。

関連検索キーワード オートコンプリート

関連するクエリを見つけたり、検索者が様々な検索フレーズをどのように使っているかを表示したりするので、Yahoo!サジェストやBingのサジェストも活用できます。
キーワード発見戦略のいずれかで、思いもよらないような一般的な検索フレーズを見つけることが出来るので調べてリスト化する事をおすすめします。

Googleのキーワードプランナーで探す

Googleのキーワードプランナーは、広告主が使用するための何百ものキーワードを提案し、また、一般的な検索用語やフレーズをリストアップしています。
無料のLSIキーワードジェネレータとしてGoogleのキーワードプランナーが提案する広告用キーワードを使用することができます。

ターゲットとなるキーワードを入力し、関連する高い検索レベルのキーワードと低い競争率のキーワードを参照することで効果的なLSIキーワードを見つける事が可能となります。

「LSIキーワード」ツールを使用する

LSI Graph

LSI Graphは、関連する用語の数十を識別するのに役立つように設計された無料の LSI キーワードをみつけるツールです。
ホームページを訪問し、ターゲットキーワードを入力することで、潜在的なLSIキーワードのリストを生成してくれるサービスです。
LSI Graphで関連キーワードが沢山提示されたときは、すべてのキーワードを1ページにまとめずに、複数のコンテンツに分ける事をおすすめします。
キーワードのリストは保管しておき、コンテンツやブログマーケティングの他の部分に活用する様にしましょう。

LSI Graph

Ubersuggest(一部無料)

UbersuggestKeyword Ideasで関連キー和戸を調べる事が可能です。
50個のキーワードまで無料で使用が可能です。

Ubersuggest-Keyword Ideas

 

MOZ(一部無料)

MOZKeyword Overviewでは、ターゲットとなるキーワードでの難易度などを調べる事が可能です。
Keyword Suggestionsで、おすすめのキーワードを提示してくれます。
一月に10回まで無料で使用が可能です。

MOZ SEO Keyword Overvie

ahrefs(有料)

Keywords Explorerという機能でキーワードを調べる事が可能です。
キーワードでの難易度や月間の検索ボリュームなど細かく調べる事が可能ですが、有料となります。

LSIキーワードの使い方

記事全体でLSIキーワードを使用した文章を書く事です。
自然な文章を心がけて、調べたキーワードを使用して文章を書いて下さい。

下記の部分にLSIキーワードを入れるとより効果的です。

  • タイトルタグ内
  • H1タグ(タイトル)
  • H2またはH3タグ(タイトル)
  • 画像の代替テキスト
  • コンテンツ全体

まとめ

Googleは、LSIキーワードに関しては存在しないと言っていますが、関連した単語、フレーズ、実体は存在し、ランキングを押し上げる力を持っています。

板浪雅樹

経歴: 映像制作の専門学校を卒業後、映像制作(編集・撮影)でのアシスタント、カーナビゲーション用の3DCG制作、PS2用の3DCGゲーム背景制作、16ミリフィルムのデジタル変換業務等を経てWEB制作部門のある会社に就職。株式会社TREVOでディレクション、SEO対策、CMS開発、3DCG制作、映像制作を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ
                   

関連の記事