TREVOのスタッフブログ

Blog
2019.12.18.

これからブログ運用やホームページ制作で大切になる文脈について調べてみました。

Google検索は文脈を解析できるBERTというアップデートを行いました。
今後、人工知能が文脈を理解して検索結果に反映するという事なので、SEO対策のブログ更新やコンテンツ制作でも文章の脈略がどの様に判断されるのかを考えて書く必要があります。

BERTアップデートについて

BERTアップデートに関しては「Googleが70を超える言語にBERTを導入したと発表しました。」の記事で詳しく書いています。

文脈とは

コトバンクの文脈(context)では以下の様に解説しています。

ブランド用語集の解説

文脈とは消費者の置かれた背景、あるいは消費行動の前後関係のことをいう。

デジタル大辞泉の解説

1 文章の流れの中にある意味内容のつながりぐあい。多くは、文と文の論理的関係、語と語の意味的関連の中にある。文章の筋道。文の脈絡。コンテクスト。「文脈で語の意味も変わる」「文脈をたどる」
2 一般に、物事の筋道。また、物事の背景。「政治改革の文脈でながめると」

その他の時点での解説もあるので、コトバンクの「文脈」ページで確認してみて下さい。

文脈とSEO対策について考えてみる

SEO対策の為に無理やりキーワードを入れた文章では、文脈を理解してもらえないか文脈がおかしいと判断されることもあり得るという事です。
BERTが導入されてまだ間も無いのでまだ影響はありませんが、精度が上がると書き手が何を言いたかったかを読み取って検索結果に表示するなんて言いう事もあるのではないでしょうか?

 

SEO対策批判をしているページ、SEO対策を絶賛しているページ、SEO対策を自社で行う事をすすめているページ等、記事内の文脈を読み取って検索ユーザーに結果を提供する様になると思います。

 

前後の単語や句、漢字なども含めてどの様な文章を書いているのかも重要になってくるのではないかと予想します。
その為、ブログの記事を書く時はより明確に「どのユーザーに対して書いているブログなのか?」を意識して書く必要が出て来るとでしょう。

 

今回の記事では文脈を理解してSEO対策にどう影響するのか、どのような記事を書けばよいのか?と検索するユーザーを対象に書いてみました。
記事を書く上では基本的な事ですが、読み手をしっかりと意識して記事を書けば問題ないでしょう。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社