TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.01.15.

ヴェニスアップデーで地域性を検索結果に反映されて SEO対策 が変わる

20150115地域毎に検索結果が変わるヴェニスアップデートで、今年に入ってから大きく影響が出始めており、特にローカルサービスを行っているサイトでは、大きな変化が出ているようです。
弊社のサイトもその一つで、大阪でホームページ制作と検索すると、4位~6位ぐらいの位置にいるのですが、名古屋のIPを使用して検索すると1ページ目から消えてしまっています。
検索するユーザーにとっては、とても有効的なアップデートですが、 SEO対策 の会社としてはこの辺りの施策や全国の順位を調べられる様に環境を整える必要が出て来ており、検索結果のみを追い求める SEO対策 から 地域性 を考えたコンテンツ制作と SEO対策 た求められる時代になっています。

ヴェニスアップデートとは

ヴェニスアップデートとは、ユーザーの検索した地域・場所によって検索結果・順位が変わるアルゴリズムの事です。

スマホでは当たり前になっている、検索した場所の周辺に関する情報を上位に表示させる検索アルゴリズムです。

この ヴェニスアップデート が実施され、検索結果が地域によって大きく変動しています。

自分の検索した結果と別の地域で検索した人とは検索結果が変化する様になりました。

大阪の固定IPで「ホームページ制作」を検索結果

弊社のリンクが「ホームページ制作」での検索結果が4番目に表示されています。

 

2014011501

 

東京の固定IPで「ホームページ制作」を検索結果

東京で検索するとまったく違う検索結果が表示されています。
地域性に特化した広告が表示されていますが、こちらは昔から地域によって表示が違ったのでそのままだと思います。

2015011502

 

大阪の固定IPで「カフェ」を検索結果

検索結果の右には、大阪の地図が出てカフェの位置が出ています。

2015011503

 

東京の固定IPで「カフェ」を検索結果

コチラでは、固定IPを契約している東京八王子近辺のカフェが検索結果に表示されています。

2015011504

 

このように、地域の特性がでた検索結果がIPアドレスやスマホによって変わってくることになります。
こうなってくると、どの地域にターゲットを絞って検索順位をあげていくかという事も重要になってきます。
今後、SEO対策はより大変になってくると同時、ホームページを運営している会社は、よりコンテンツ重視のページ作りを考えて行かないといけなくなります。