SEO対策の必需品Googleアナリティクスで「not provided」となっているキーワードが分かる「検索アナリティクス」

2015.06.08.

SEO

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

201506081ホームページでのアクセス解析に「Googleアナリティクス」を利用している方は多いと思います。
SEO対策でサイトにどのようなキーワードでアクセスがあるのかを知りたいときに検索キーワードを調べることはよくあると思いますが、ほとんどのサイトではキーワードの1位は「not provided」になっています。
当サイト場合、オーガニック検索で約60%が「not provided」となっています。

「not provided」の正体

検索にSSL通信が使われるとgoogleは検索情報が無いと判断して「Googleアナリティクス」に「not provided」と表示させてしまいます。
SSL通信で通信すると通信情報が暗号化されて情報が読み取れなくなります。
例えば、Googleアカウントでログインしているユーザーは自動的にSSL通信になるので、ログインしている状態で検索をすると、「Googleアナリティクス」には「not provided」となってしまします。

「not provided」のキーワードを見る方法

201506082
「Search Console」(ウェーブマスターツール)にアクセスします。
左メニューの「検索トラフィック」をクリックして「検索アナリティクス」をクリックします。
ページが切り替わり、
上段に
・クリック数
・表示回数
・CTR
・掲載順位
の4種類のデータ

下段に
・クエリ
・ページ
・国
・デバイス
・検索タイプ
・日付
に6種類の情報を絞り込む事が出来ます。
こでは、HTTPSの影響を受けていた「not provided」の情報を見ることが出来ます。

まとめ

「not provided」のキーワードが分かることによって、詳しいサイト分析ができSEO対策にも活用出来るはずです。
いままで知らなかったキーワードでのアクセスを知ることによって特定のキーワードを狙ったコンテンツの強化などの出来そうです。

関連の記事

SEO対策で検索結果を増やしてクリック率をアップする

SEO対策で検索順位が上がってもアクセス数が上がらない原因の一つに、ページタイトルと説明文章(ディスクリプション)に魅力が無い可能性があります。 検索された後に、いくら上位に表示されていても魅力のないタイトルだったり、検索内容と関係のない文章の場合、クリックしてもらえない可能性が高くなります。 魅力[...]

  • Avatar TREVOWP
ホームページ制作・ブログ運営の写真管理に便利なGoogleフォト

普段、画像の管理はどうしていますか?ホームページ制作やブログの運営で利用する画像をネットワーク上で管理していつでも引き出せる状態にしておくと凄く便利です。windowsタブレットを持っていると、どこでもブログの更新が可能になるので、画像素材をストックして置くことで凄く更新がしやすくなりました。 つい[...]

  • Avatar TREVOWP
Googleが70を超える言語にBERTを導入したと発表しました。
  • SEO

GoogleのTwitter @searchliaison で70を超える言語にBERTを導入したと発表しました。 その中にJapanも含まれており、これから検索順位にも影響してくるかと思われます。 10月に米国(英語)にリリースしてから2カ月、ようやく日本も導入されます。[...]

  • Avatar TREVOWP
ホームページ制作の脱Adobeへの道のりは遠い

以前、ホームページ制作の脱Adobeを試みて「ホームページ制作環境で脱adobeは可能か?」という記事を書きました。 これまで、色々試してきましたが、結論は可能だが効率が悪いという結果になりした。[...]

  • Avatar TREVOWP