ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2017.08.17.

SEOの効果はないがSNSの活用が大切な理由

twitter-292994_1280

SNSと言えば、最近では「Facebook」「twitter」「Instagram」、そして「LINE」が人気です。
スマホが急速に普及し、SNSもその流れにのり成長し、ひとつの文化を創り上げると同時に企業広報や広告宣伝に活用されています。
すなわち、今やSNSがビジネスツールとして、大いに活用されている時代だと言うことになります。
 
たとえば、Facebookを例に取りますと、企業の広報活動としてブランド価値を高めるとか、顧客との関係性を深めるために利用される企業様が増加しており、SEO対策だけではなくFBO対策を重視する傾向も出ております。
FBOとは【Face Book Optimization=Facebook最適化】、つまりFacebook対策のことですが、Webマーケティングにおいては、様々な戦略が立案され展開しています。
SNSですから、当然ながらどういう投稿をするか、どういうふうな広告を活用するか、そして顧客や消費者の方々とどのようなコミュニケーションをつなげていくかが、SNSメディア活用の大きな鍵となっています。

SNSの活用は、直接的にSEO効果はない

ipad-605440_960_720

Facebookの集客力の強さというものが、Webマーケティング業界では注目されていますが、それだけに徹していれば企業のWeb戦略は、それで良いというわけでもありません。
その理由は、SNSの活用が広まっても、Webメディアとしての主流は通常のホームページであり、ターゲットに特化したそれぞれのサイトが存在するからです。
結局は、ホームページのSEO対策を万全にすることが、ビジネスチャンスに繋がりますので、FacebookのようなSNSメディアの存在はあくまで補完的な位置づけとする考え方が一般的です。
 
そうなると、SNSの活用でサイトのSEO対策に効果はあるのかないのか?という考えが頭をよぎるかと思いますが、ある理由から、直接的にはSEO効果は無いという風に捉えられているの業界の主軸となっています。
これは、現在のSNSへのリンクには「rel=”nofollow”」というタグソースが使われているため、SNS上の「いいね!」や「リツイート」に対して、Googleのクローラーは読み込んでないからです。
つまり、Googleのクローラーが読み込んでいないと言うことは、「いいね!」や「リツイート」があっても、結局は検索順位に反映されないのです。
そのため、検索順位を上げるための直接的要因にはならないと言うことなのです。

 

SNSは「間接的なSEO対策」としての役目は果たせる

SEO対策 分析

それでも「いいね!」とか「リツイート」の数が多くあるということは、掲載されている記事にユーザーが「面白い」「なるほどなぁ~」「この話をシェアしたい」と思うからに違いありません。
そして、ユーザーにとって『価値のあるコンテンツ』と認められているわけですから、SNSでシェアされたサイトへのアクセス数が増えることで、検索順位が上がる可能性がでてきます。
つまり、SNSのユーザーに好まれる良質なコンテンツが提供できれば、結果的にはSEO対策に間接的ではありますが、SNSメディアは貢献しているという見方ができます。
 
情報を気に入ったユーザーが「いいね!」を押すことで、ネット上に拡散していくわけですから、当然そのページへの被リンクが増えることになります。
そして、リンクが増えればその分だけサイトへのアクセス数が、増えるという流れとなります。
すなわち、SNSで拡散されると結果としてSEO対策と同等の効果が得られるので、間接的なSEO対策の役目を果たしていると考えられます。

 

SNSを活用したマーケティング手法のメリット

hook-881442_1280

SNSメディアをサイトへの誘導のきっかけとすることで、サイト全体のアクセス数が増えれば、サイトのSEO対策の一環としてSNSを上手に利用していきたいと考えられます。
そうなりますと、SNSを利用したマーケティング手法にも、それに取り組む価値を見いだしていくことが可能となります。
 
SNSマーケティングとは、SNSを利用して商品等の宣伝を行い集客に役立てるマーケティング手法のことです。
このSNSマーケティングのメリットとは、まず①サイトの集客に役立つ、②商品やサービスを宣伝し、ターゲットを絞った広告表現で集客も可能、③ターゲットユーザーが増えれば、④サイトのコンバージョン率も高まり、⑤結果、サイトの検索順位の上昇を期待できるといったようなものがあります。

 

基本はサイトのSEO対策の強化が重要!

wordpress-923188_1280

情報の拡散に強いSNSを上手に活用していくことで、運営されているサイトに驚くほど大きい反響が得られるようになることもあります。
そこで、本来のSEO対策にためにSNSメディアをサイトのSEO対策に利用されることはおすすめいたします。
一般的にサイトのSEO対策と言いますと、まずはサイトの更新頻度や掲載する記事の文字数を増やそうと思う方が多いと思います。
しかし、コンテンツの量だけ増やせばよいというものでもありません。
 
ターゲットユーザーがどのような情報を求めているかをきちんと把握し、適切な情報を分かりやすい形で提供することが大切だといえます。
この価値のあるコンテンツがSEO対策でも重要になってくるポイントですので、コンテンツのクオリティを上げてくことは重要なファクターとなります。
記事の内容をあまり気にせず、ひたすら書き続けて更新作業をしても、なかなか検索順位は上がりませんのでSEO対策にはなっていません。
 
なぜなら、検索エンジンがヒットするというのは、その記事のキーワードのマッチングや質の高い情報、さらにターゲットにとって価値のある文章に限るからです。
ホームページの主役というのは、コンテンツのクオリティそのものであり、そのコンテンツをどのように展開するかが重要な課題となっています。
その展開の考え方としては、ターゲットがある種の特定されるカテゴリーなのか、もしくはより多くのユーザー確保をするためにオールラウンドな話題が必要なのか?それぞれ想定する目的に応じてマッチする価値あるコンテンツをサイトにアップし続けることが、最良のSEO対策につながっていくことでしょう。


SEO対策