ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.09.07.

ホームページで伝えたい内容は一点に絞るのがSEO対策

20150907ホームページやブログを制作する目的は、ユーザに伝えたいことがあるからだと思います。
だた、せっかく記事を書いたのに公開したい内容がまとまってなくいろんな要素をが混ざっているとユーザーに伝わりにくくまた、検索エンジンの評価も下がってしまいます。
せっかく公開するなら多くのユーザーにアクセスしてもらいたいものです。

 

伝えたい事を明確にする

だらだらと要点がまとまっていない長い文章や内容があっちこっちに飛んでしまう記事はユーザーにっとて読みづらく思われ、次の訪問に繋がりにくいです。
そのような時には、記事の要素を絞るように意識して、記事の内容がバラバラならそれぞの内容を2つの記事に分けれないか検証してみましょう。

 

ページタイトルにも注意する

例えば、「バイクに乗って部品を買っからラーメンを食べた」なんてタイトルを付けてもユーザーには何が言いたいのか分からない記事タイトルになってしまいます。
この場は、バイクの部品と、ラーメンの記事を時系列に二つに分けて公開しするようにしましょう。

 

内容を絞った記事はSEOにも効果的

きちんと内容を絞った記事は、検索エンジンにとってこの記事は専門性のある記事と評価されて検索結果の上位に表示されやす傾向があります。
これは、記事だけに限らず制作したホームページ全体にも言えることです。
バイクに特化したホームページやパソコンに特化したホームページなど専門性の高いホームページとして公開しているページは検索結果に反映されやくすり、SEO対策としては非常に有効です。
また、ユーザーにとっても内容が絞られまとめられた記事だと読みやすく、情報を探しているユーザーにとっては内容が絞られている記事ほど有用な情報が公開していると評判がよくなります。
一つの記事に複数のキーワードを盛り込むより、1つのキーワードに対して複数の記事を書くと検索エンジンの評価が高いです。

 

まとめ

大切なことは伝いたい内容を1つに絞ることで文章の詰め込みすぎを防ぎ読みやすい記事を意識することで、ユーザに分かりやすく興味をもってもらい、再訪問されやくすなりページビューの増加繋がる。
専門性ある記事をたくさん書くことによって検索エンジンにも高い評価を受けてSEO対策にも有効になる。
ブログやホームページでアクセスに困っている方はこれまで書いた記事の内容を見直してみて、記事内容を絞ることが出来ないか、また、記事を2つに分けることが出来ないか見直してみましょう。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社