hタグ(見出しタグ)を正しく使い検索エンジンにコンテンツ内容を正しく伝えよう

2020.10.15.

SEO

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

htmlにはhタグと呼ばれる見出しに使うタグがh1~h6までの6種類あります。
hタグにはSEOにおいても役割があるので順番や適切な使い方が必要になります。
SEO以外もコンテンツの見た目にも影響があるのタグなのでwebサイトデザインする方にも意識する必要があります。
hタグの使い方とルールを説明したいと思います。

hタグとは(見出しタグ)

hタグは別名で見出しタグと呼ばれページのコンテンツ内でその名通り見出しの役割をします。
hタグにはそれぞれ階層があり、h1タグからh6タグまで設定きます。
数字が小さほど大きな見出しになり、h1タグが一番大きな見出しになり、ランクが一番上になり、h6がその逆でランクが一番低くなります。

hタグ(見出しタグ)の役割

検索エンジンのクローラーはこのwebサイトの内容はどんなことが書かれているかを調べています。
SEO的は、タイトルタグやディスクリプションほど重要ではありせんが、hタグがあるとコンテンツ内容を適切に理解をしてくれます。
また、webサイトを閲覧しているユーザにとっては、hタグを適切に設定してるコンテンツは情報が整理されており読みやすさに影響を与えます。
hタグは、検索エンジンとユーザーにコンテンツ内容を適切に伝えるための役割を担っています。

hタグのルール

hタグはh1タグからh6タグまで設定きますが、h1タグについては1ページに一か所に設置した方が良いです。
h1タグが複数あってもサイトの評価が下がるわけではないですが、Googleの「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」で見出しタグを正しく使い、過度に使用することを控えいるようにと定義しています。
いい加減な見出しタグを使いかたをせず、見出しタグは意味のある場所で使用するのが効果的です。
h1以外のタグは複数回使用しても問題はありません。

長すぎる見出しにしない

hタグは、コンテンツ内容を要約したしたものを記載する必要があります。
長い見出しは検索エンジンやユーザーとっても見づらく意味が分からないものになってしまいます。
なるべく1行で簡素に内容を伝えるようにしましょう。

画像をhタグで設定する場合

webサイトによってはロゴなどの画像にhタグを設定したい場合がります。その場合altタグをつかってテキストを記載しれいれば問題はありません。

hタグは順番に使用する

hタグはh1タグからh6タグで重要度が変わります。
h1→h2→h3と順序よく使用する必要があります。
例えばh2タグの中にh1タグを入れるなどの階層を無視した設置はNGです。

キーワードを入れすぎない

検索にヒットさせたいがためにキーワードを入れすぎた見出しは、不自然な見出しになってしまいます。
また、検索エンジンからもスパム扱いを受ける可能性もあります。
タイトルタグやディスクリプションと同じように適度に自然なかたちで見出しは作成しましょう。

まとめ

hタグには検索エンジンとユーザーにコンテンツ内容を適切に伝えるための役割があります。
検索エンジンとユーザーにも魅力あるwebサイトと認識してもらえるようにhタグを正しく使いこなし活用しましょう。

関連の記事

ホームページやブログで使用する写真が与える心理への影響

今の時代、ホームページやブログでは当たり前のように写真が使用されています。実際に具体的なイメージにつながるからこそ、写真は使用したほうがいいと言われています。ただ、だからといって写真であれば何でもいいというわけではありません。やはりその写真が与えるであろう影響を考えて写真を選び、使用していかなければ[...]

  • Avatar TREVOWP
ホームページ制作に役立つ、おすすめのGoogle Chrome拡張機能

GoogleのブラウザGoogle Chromeには、ホームページ制作の現場で大変役に立つ拡張機能が沢山用意されています。 今回は実際に使っている拡張機能を幾つか紹介します。[...]

  • 衣川知秀 衣川知秀
少し早いですが紅葉を見に行ってきました。

土曜日は奈良まで紅葉を見に行ってきました。お寺や神社と紅葉の景色は素晴らしいですね。色、空気、気温等すべてが気持ちよく、リフレッシュできました。 [...]

  • Avatar TREVOWP
no image
利用した事の無いシステムは使ってみる事が大事

弊社では様々なCMSやショッピングカート、不動産システムなどでサイトを構築しています。それまで触れたことのないシステムでの開発も珍しくありません。 [...]

  • Avatar TREVOWP