ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2016.12.05.

SEO対策の為だけではない、自社コンテンツやブログを運用するメリット

macbook-606763_1280

広告に依存しない戦略

どれほど魅力的な商品があっても、顧客に存在を知ってもらわなければ購買にはつながりません。一昔前までは、広告という偶然の出会いを期待する方法が販促手法の戦略でした。
しかし現代は、自社コンテンツやブログといったツールが持てることで、広告という受け身な媒体に頼りすぎない、攻めの戦略ができるようになってきました。

オウンドメディアとは?

wordpress-923188_1280

「オウンドメディア」という言葉をご存知でしょうか?
広く定義すれば、自社所有の媒体のことになります。Webサイトやブログだけでなくリアルな媒体も含まれています。
オウンドメディアにユーザーの役に立つコンテンツを充実させておくことで、広告に頼らず、その情報を求めている人に直接的なアプローチをすることが可能です。人を24時間365日行使することはできませんが、ネットなどのコンテンツは、1回作ったらずっと活動を続けてくれます。
その情報を求めている人にいつでもダイレクトに届くことから、有効な戦略として機能します。自社コンテンツやブログを運用することで、攻めのマーケティングを企業自ら行えるメリットは大きいのではないでしょうか。

社内SEO対策ができる

SEO対策 分析

外注や被リンクに頼らず、社内でSEO対策ができることもメリットとしてあげられます。
少し前まで、SEO対策と言えばリンク攻略がメインでした。
しかし、インターネットの世界にコンテンツが溢れかえったことで、SEOに変化が生じてきました。現在検索上位に来るコンテンツ(記事)は、ユーザーの役に立っているかどうかが、最重要ポイントです。
ユーザーのことを考えて、内容の充実したコンテンツ(記事)を用意しておくことが、そのままSEO対策になります。ユーザーから高い評価を得るコンテンツやブログが、上位表示される仕組みが整っているからです。
質を大事にしたコンテンツ作りは、自社内で行えます。特殊な広告やリンクに頼らず、自ら考えて顧客を獲得できるのは、企業側にとってメリットと言えます。SEO対策のポイントは、いかにユーザーの役に立つものを作れるかどうかです。

見つけてもらう広報活動

kensaku

自社コンテンツやブログはとても優秀な営業マンです。
それも、自ら売り込まなくても、顧客のほうから訪ねてきてくれるというメリットがあります。テレビのCMなどのように、ある時間や場所にいるとイヤでも目に入ってくるのが広告です。興味があることならば助かるかもしれませんが、興味を覚えないなら邪魔だと感じてしまいます。
しかし、自社コンテンツやブログが行う広報戦略は、顧客自らが探し出してたどり着いてくれるのです。顧客が興味や関心のある事柄から派生して見つけ出してくれるので、探し出したコンテンツの満足度が高ければそのまま自社の有効なアピールになります。
しかも、一度検索上位に食い込んだメディアは強いです。同じテーマで訪問する人がどんどん増えていく可能性が高くなります。広告は1度流したら終わりですが、コンテンツは1度作ったらほぼ永久的に広報活動を続けてくれます。これほど便利なものはないでしょう。

ユーザー(ファン)の獲得

audience-868074_1280

商品や自社そのもののファンになってくれた顧客は強いです。
充実したコンテンツ、企業の中に人の存在を感じられるブログなど、自社が用意しているオウンドメディアのファンは、固定顧客に育つ可能性があります。
自社コンテンツは長期的な資産です。更新の必要はありますが、しっかりしたコンテンツが用意されているなら、ネットという媒体を通して休みなくファンに情報を伝達してくれます。何度も自社のオウンドメディアに訪れてくれるユーザーと信頼関係を深めることも可能でしょう。自社コンテンツを通して、ファンを育成することもできます。
企業がユーザーに認知してもらうためには、ユーザーの視点にたったストーリーを用意しておく必要があります。インターネットが登場する以前は、限られた広告媒体に依存している戦略しか取れませんでしたが、現代ならば、1つのストーリーを準備しておけば、自社コンテンツを訪れた人に何度でもストーリーを伝えることが可能です。
加えて訪れた人の興味を満たしたり、悩みを解決してくれるような付加価値がついていたら、より信頼関係を構築しやすくなるでしょう。ファンを増やしていくほど、企業にとってプラスになります。

まとめ

インターネット社会において、自社コンテンツやブログは必須のアイテムと言えます。
まずは難しく考えずスタートすることが良いでしょう。ユーザーの役に立つ良質の記事をアップしていけば、いずれユーザーのほうがその企業を探し出してくれます。
サイトとしては、最低100記事は用意してあることが肝心です。また、自分たちが伝えたいことよりもユーザーの知りたいことを満たしたコンテンツを用意しておくことがポイントと言えます。自社企業のファンを増やすためにも、自社のコンテンツやブログを効果的に活用しましょう。


SEO対策