TREVOのスタッフブログ

Blog
2018.08.11.

SEOに強いホームページ制作に必要なタグの知識について

今回はホームページ制作を行う上で欠かせない知識タグの機能と重要性についてご紹介いたします。SEO対策が重要視されるWEB制作ですが、タグの持つ性質を理解することで、よりSEOに強いホームページを制作することが可能となります。WEBにおけるタグとはhtml言語などに使用される制御情報を指します。すなわちラベルを貼るという意味あいがあります。情報に意味を付け加えることができ、この性がSEO対策に欠かせないのです。

なぜならば検索エンジンの上位に位置付けるためには、Googleのアルゴリズムに優良なページであることを認識してもらうほかありません。そしてこのアルゴリズムは検索エンジンに入力されたキーワードに関係する情報がどれだけまとめられているのかという基準でページの順位付けを行います。つまりページの記述方法としてのタグ付けを行う事でそれらを簡単に行う事が可能となるということです。

タグの種類

タグには様々な種類がありますが、基本的に大きく分け、HTMLタグ、コンバージョンタグ、ツール用タグの3種類があります。HTMLタグはホームページ制作する際にはこのHTML言語を用いて記述していきます。ホームページで表示される文字を強調したり、色を変えたりする際に使用されるタグのことです。例えば<head><body><title><h1>等がHTMLタグです。コンバージョンタグはそのページにユーザーが到達した回数を測定することが可能となります。WEB広告を運用する際に必要なタグと言えます。ツール用タグはGoogleアナリスティックスなどのツールを使うためにHTMLに埋め込むタグです。例えばGoogleアナリスティックスであればトラッキングコードと呼ばれるタグがあります。このコードを設置し、ユーザーがページを閲覧するとこのタグが記述されていることで、Googleアナリスティックス画面でそのデータを確認できるようになるタグです。

それでは次にGoogleボットすなわちアルゴリズムにどのようなタグを設定しキーワードをGoogleボットに理解させるようにできるのでしょうか?すべてのページに入れておくことをお勧めするタグをご紹介致します。

 

タイトルタグ

記事やページのタイトルを示すタグです。Googleボットがページの内容を把握するために一番重要なタグといっても過言ではありません。タイトルタグに入れたテキストが魅力的であればクリックしてくれるユーザーがおおくなり、Googleはどんなキーワードの検索結果にあなたのサイトを表示させるかを検討します。そしてできれば30文字以内で記述することが望ましいとされてりおります。全文表示されなくなる事を防ぐためです。さらに重要なキーワードを前に置くことで効果が上がるという説もあります。

 

メタタグ

http-equiv、、content、charsetといった様々な属性があり、descriptionやkeywordsが有名です。それぞれに用途は異なりますが、descriptionは検索結果にタイトルとともに表示されています。デザインや文章表現の関係上、ページに重要キーワードを含めることが出来なかった場合などは、代わりにメタタグ内に含めておくことで、ページ全体における重要キーワードの割合を多くすることが可能となります。

 

見出しタグ

h1、h2、などで表記され1~6まであり数字が低いほど重要度が上がります。また見た目にも文字の大きさが変化するため注意も必要です。それはページの構成と関係のない意図で使用しないということです。そして見出し<h1>は1ページに1つにすること、見出しタグの順番を守ること。これら点を守らなければ逆にSEO対策にとってマイナスとなることがありますので注意が必要です。

 

リンクタグ

リンクをページ内に貼ることによってもSEO対策に効果が期待できる。リンクにはナビゲーションメニューやパンくずリスト等の内部リンクと外部リンクの2種類がありますが、そのどちらも良質なページへとつながっているならばそれはGoogleボットの評価に対して良い影響を与えるものとなります。しかし中にはペナルティとされるリンクの貼り方があるので注意しなければなりません。隠しリンク、過剰なリンクの交換、相互リンクを目的としたページとのリンク、悪質なサイトへのリンクなどです。

 

まとめ

ホームページ制作を行う上で重要なSEO対策にとって重要な要素の一つであることをご理解いただけたのではないでしょうか?様々な種類のタグをご紹介いたしましたが、いずれもそのタグの持つ性質を理解したうえで記述してくことが大切です。ここで紹介されていることはホームページ制作にとっては基本的なことばかりになりますので、SEO対策にとっては必ず実行していなければならないレベルのものであり、他社との競合において一歩先を行くSEO対策というよりかは同じ歩幅に設定する最低限のルールともいえるかもしれません。ホームページ制作におけるSEO対策は小さなことの積み重ねによって成立し得るものだといえるでしょう。