WordPress での SEO対策 用拡張機能 Yoast SEO

2020.06.26.

ホームページ制作

WordPress

SEO

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

Yoast seo対策 の拡張機能

弊社ではお客様の7割がWordPressを活用してホームページを制作いたします。
WordPressを利用するのは SEO対策 がしやすいというメリットもあるのでおすすめしています。
過去のブログ記事「2020年版 SEO対策 の為に利用しているWordPressプラグイン(拡張機能)」でもYoast SEOの紹介をしています。

Yoast SEO(無料版)の主な機能

  • タイトルとメタディスクリプションのテンプレート表示
  • パンくずの設定
  • XML サイトマップの自動生成
  • 自動的に正規のURLを設定し、コンテンツの重複ページを回避
  • 投稿毎にSEO対策の判定

Yoast SEO の拡張プラグイン

Yoast seo のサイト

便利な投稿毎に SEO対策 の判定

SEO分析

正しい(フォーカスする)キーワードを設定すると、設定したキーワードに対してSEOに適した文章を書いているかを判定してくれます。日本語の場合、うまく機能しない事もあるので、調整しながらの設定が必要です。
解析結果では13の項目をチェックして解析結果を表示してくれます。
日本語サイトでは対応できないポイントもあるので完璧を目指す必要な無いかと思います。あくまで指標で見ると良いです。

解析内容

〇の項目は日本語のサイトでも注意した方が良い項目です。

  • 〇外部リンク
  • 〇内部リンク
  • 〇冒頭のキーフレーズ
  • キーフレーズの長さ
  • 〇メタディスクリプション中のキーフレーズ
  • 〇メタディスクリプションの長さ
  • 〇画像の alt 属性
  • 〇SEO タイトルの長さ
  • 以前使用されたキーフレーズ
  • 副見出しのキーフレーズ
  • 〇テキストの長さ
  • 〇タイトル内のキーフレーズ
  • スラッグ中のキーフレーズ

Yoast SEOの解析結果

可読性分析

訪問者と検索エンジンの両方にとって魅力的なコンテンツ内容になっているのかを判断してくれます。

スニペットプレビュー

Yoast SEOのスニペット編集

あなたの投稿やページが検索結果にどのように表示されるかを表示します。モバイルにも対応しています。

タイトル&メタディスクリプションの設定

Yoast seo のタイトルとメタディスクリプションの設定

WordPressで生成できるページのタイトルとメタディスクリプションの設定が可能です。
固定ページや投稿ページ、カテゴリページ等で個別に設定していなページに関しては、一括で表示ルールを決めて設定する事が可能です。
投稿タイプのページも対応しています。
設定は「検索の見え方」で設定が可能です。

一般の設定

ダッシュボード

Yoast seo のダッシュボード

設定に不備がある場合SEO対策上良くない設定がしてある場合はこちらで通知が表示されます。
例えばWordPressの設定で「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れている時に表示されます。

機能

Yoast seo の機能設定

Yoastの機能をオン・オフできます。
例えばxmlサイトマップは別の拡張機能を使用するので必要ない場合はOFFにすることが出来ます。

SEO 解析SEO 解析は、テキストの SEO改善提案を提供します。
可読性解析可読性分析は、テキスト構造とスタイルを改善するための提案を提供します。
コーナーストーンコンテンツコーナーストーンコンテンツは、サイトの重要なコンテンツに目印をつけ絞り込みます。
テキストリンクカウンターテキストリンクカウンターは、サイト構造の改善を手助けします。
XML サイトマップYoast SEO が生成する XML サイトマップを有効にします。
Ryte 連携Ryte は、サイトが検索エンジンでまだインデックス可能かどうかを毎週チェックし、そうでない場合は Yoast SEO が通知します。
管理バーメニューYoast SEO 管理バーメニューには、ページを分析するためのサードパーティーツールへの便利なリンクが含まれており、新しい通知があるかどうかを簡単に確認できます。
セキュリティ投稿者の高度な設定をオフYoast SEO メタボックスの上級者向けセクションでは、ユーザーが検索結果から投稿を削除、カノニカルを変更でき、投稿者へ許可をなくしたい場合があります。デフォルトでは編集者と管理者のみ行えます。「オフ」に設定すると、すべてのユーザーがこれらの設定を変更できます。
REST API/Head エンドポイントHead エンドポイント:この Yoast SEO REST API エンドポイントは、特定の URL に必要なすべてのメタデータを提供します。これにより、ヘッドレスWordPressサイトがすべてのSEOメタ出力にYoast SEOを使用することが非常に簡単になります。

関連の記事

TREVOのSEO対策 ホームページ制作でどこまで上がったか?
  • SEO

11の末にパンダアップデートが実行されて、SEO周りのブログではちょっとした騒ぎになっていました。 その理由は、これまで数カ月に1回アップデートしたら、その後は2~3日で順位変動が安定していたのが、一週間以上も順位の変動が続いていた為です。 弊社のサイトも、このアップデートで順位が変わりました。 1[...]

  • Avatar TREVOWP
最大のアクセス数があるトップページのクリック率を調べてホームページを改善する

webサイトは検索検索結果によってトップページ以外のサブページからでもアクセスすることが出来るのが特徴です。 その為トップページばかり重要視するのも問題はありますが、以前トップページはwebサイトでの顔となるページなので重要なページとなります。 会社名、サイト名で検索された時に、検索結果の1位に表示[...]

  • Avatar TREVOWP
iOS から android へ乗り換えて半年の感想

iPhone を使い続けて4年ぐらいだったのですが、今年の6月に android の Xperia に機種を変更しました。 その最大の理由が、googleのサービスとの相性が androidOS の方がよかった点です。 最初は戸惑ったのですが、使っていくうちに androidOS にも慣れて、今では[...]

  • Avatar TREVOWP
chromecast対応アプリが増えていた

最近chromecastの利用が、家族にみてほしいyoutubeをテレビで流したり、dtvをテレビで視聴する時位でしか活用していないchromecastです。 久しぶりにどんなアプリがあるのかなとchromecastアプリを探してみた所、対応アプリが凄く増えていました。 そんな中で、便利そうなアプリ[...]

  • Avatar TREVOWP