大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
                   
スタッフブログ

404エラー(Not Found)(リンク切れ)にSEOに影響があるのか?

2020.12.29.

SEO

運用

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

Webページにアクセスしたときに、「404」「NOT FOUND」「お探しページが見つかりません」などの表示することがります。
これは該当のページのリンク切れか、ユーザがURLの入力を間違ている場合に表示される画面で、要するにサーバー上にページが無い場合に表示されるページです。
ユーザーにとってこのページが表示されとは期待が裏切られることになるのでweb管理者は404のエラーページが表示されるのを避けたいと思います。
ユーザー(人)にとっては404ページが表示されることは関心が覚めてしまいサイトを離れる原因になりますが、もう一つ気になるのがSEO的に404のエラーページがどのような影響を与えるかだと思います。
ここでは404ページがSEOにどうのよな影響や関係があるか説明していきます。

404エラー(Not Found)とは?

404エラー(Not Found)とは存在しないページにアクセスした時に表示するるHTTPステータスコードのことです。
ステータスコードには「301」「500」「503」などいろんなコードがあり、404はその中の一つになります。
文章にすると少し難しいよに思えますが大まかに説明すると下記のような流れになります。

・ユーザー(ホームページを見る人)の行動
見たいページがあるので、リンクボタンをクリックして該当ページアクセス、もしくはURLを直接入力してアクセスする。
サーバー側に「このページが見たい」とリクエストします。

・サーバー側
ユーザーから見たいページのリクエストが届くと、該当ページがある場合は表示させる。
該当のページが無い場合は、「ページがありません」とユーザーに伝える。

このサーバー側から「ページがありません」となることが、404エラー(Not Found)になるわけです。

404エラーの原因

・該当のページが削除されたもしくは移動した
・URLの打ち間違い
・新しいページへのリダイレクト設定が出来ていない
・リンク切れ、リンクボタンの設定が間違っている
以上のような事が考えられます。

理由はいろいろとありますが、簡単に言えばページが存在しないという事です。

SEO上での影響

404エラー(Not Found)のページがある事によってSEO上なにか不利なことや問題があるのでしょうか?
404エラーがサイト内の存在すると、SEOの評価に影響があるのではなかいかと気になると思います。
そのことについてGoogleは次のように述べています。

サイトの一部の URL が既に存在しない、または 404 を返していた場合も、サイトの他の URL (200(Successful)を返すもの)の検索結果内での掲載順位には影響しません。404 レスポンス コードは、インターネットにとっては正常な動作です。

ウェブマスター向け公式ブログ

Googleの見解では404エラー(Not Found)があってもSEOに影響は無いと示しています。

404エラーページの必要性

SEO上404エラー(Not Found)が影響がないとわかっても、ユーザーにとっては影響はあります。
ユーザがページアクセスして下記のような表示が出るとどう思うでしょうか?
404エラー(Not Found)(リンク切れ)にSEOに影響があるのか?
あまりインターネットのことを知らないユーザーなら、危険なページにアクセスしてしまったと思われる可能ですがあります。
そうなってしまうと、サイトの信頼性にも影響ありユーザーが離れてしまう場合もあります。
せっかくアクセスしてくれたユーザーにストレスや不信感を与えてしまいます。
そのような事が無いようにSEO上問題がなくても404エラーページを用意する必要があります。
このサイトでも404がありますが、過去の記事でも404ページついて書いているので参考にしてみて下さい。

ホームページ制作に役立つ404ページデザイン

まとめ

簡単ですが、404エラー(Not Found)が起こる原因と404エラーページの必要性を説明致しました。
SEOの評価にへ影響は無いですが、アクセスしたユーザーを逃がさないためにも404ページは必要です。
まだ、404エラーページを用意していないwebサイトの運営者はユーザーの信頼性を損ねないようにこの機会に404エラーページを作成してみてはいかかでしょうか。

衣川知秀

経歴: 3DCG制作の専門学校を卒業後、デザイン会社に就職。デザイン会社では主にWEB制作を担当し、旅館の予約システムや商店街にWEBカメラを設置したプロモーション等を展開し、4年後に転職。 株式会社TREVOでデザイン、コーディング、ディレクション、システム開発を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ
                   

関連の記事