ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2016.01.22.

2015年に書いたコンテンツ制作の記事

20150903

ホームページの更新に関する記事をまとめた「2015年に書いたホームページ更新の記事」に続き、コンテンツ制作に関する記事を見返して集めてみました。
SEO対策の重要な施策の一つであるコンテンツをしっかりと制作して更新する事が大切です。

SEO対策は検索順位アップまで、その先のコンバージョン

201412261

https://www.trevo-web.com/staffdiary/seo/seo-cv.html
SEO対策はあくまで検索をした時に上位に表示させる事がSEO対策となります。
SEO対策を頑張って検索順位を上げて、ページへのアクセス数が上がってもページの中身がスカスカだったら、お客様は問い合わせをしてくれません。
SEO対策と共に、コンテンツをしっかりと作り込んでお問い合わせ率を上げる事も重要です。

 

ホームページで「会社の信頼度」が判断されています

20151014

https://www.trevo-web.com/staffdiary/cat293/trust.html
ホームページのコンテンツをしっかりと制作する事で、会社の信頼度も上がりお問い合わせにつながります。
いまいち、どのような事業やサービス、料金体系等、ホームページでお客様が確認したい情報が分かりにくいとどうしてもお問い合わせ率が下がってしまいます。
しっかりと、情報を精査してより良い情報(コンテンツ)を掲載する事は大切です。

 

SEO対策で検索結果を増やしてクリック率をアップする

20141004

https://www.trevo-web.com/staffdiary/cat293/seo-title-description.html
検索をした時に様々なサイトが出て来ます。
検索後のタイトルやディスクリプションの設定をしっかりする事でクリック率に大きな影響が出て来ます。
そんな検索結果をしっかりと調整する事でページへのアクセス数を増やす事が出来ます。

 

ユーザが読みたくなるタイトルとSEOを考えたタイトル

20150903

https://www.trevo-web.com/staffdiary/cat293/seo-title.html
検索した時に一番最初に読まれるのがページタイトルです。
そんなページタイトルが分かりにくい物だと、クリックしてもらえません。
キーワードだけを詰め込んだタイトルよりも、ユーザーが読んだ時にクリックしたくなるようなタイトルが重要となります。
ただ、キーワードを盛り込む事もSEO上必要になってくるのでバランスが重要です。

 

ホームページで伝えたい内容は一点に絞るのがSEO対策

20150907

https://www.trevo-web.com/staffdiary/cat293/20150907seo.html
ページの中に色々な情報を入れたくなるのは分かりますが、SEOを考えるとキーワード一つに1ページは大袈裟ですが、メインとなるキーワードに対しては1ページ作成した方が良いです。
ホームページの制作コストが上がるので、徐々にでも良いのでページを増やしていく事をお勧めします。

 

過去の記事を見直す事もSEO対策になる

20140523

https://www.trevo-web.com/staffdiary/seo/seo-past-blog-page.html
過去のページや記事を見直す事で、よりよいコンテンツにブラッシュアップする事はSEO対策にもなり良い事です。
関連するページのリンクを貼ったり、より分かり易い説明に変更したり出来る事は沢山あるはずです。
一つ一つのコンテツを見直し、お客様にとってより良いページにしていく事がお問い合わせに繋がります。

 

アクセスの多い記事の関連記事を書くことでアクセスアップをはかる

20150901

https://www.trevo-web.com/staffdiary/cat293/access-up.html
コンテンツでアクセスアップをする為のテクニックの一つです。
アクセスの多い記事は、お客様がその情報を求めているという事です。
そんな人を集める事の出来る記事を増やす事で、専門性も高まり検索エンジンの評価も高まります。

 

まとめ

今回はコンテンツに関する記事を集めてみました。
次回はSEO対策に関する記事をまとめてみたいと思います。


SEO対策